Technology

テクノロジー

iPhone アプリは昼に、iPad アプリは夜に利用される

Developer.com Staff
2012年2月16日 / 10:40
 
 
自分好みのニュースを自動的に集めてくれるアプリ「Zite Personalized Magazine」を開発する Zite が同アプリの利用状況を調査した結果、利用者のアプリ利用にはある傾向があることがわかった。

同アプリの利用者数は、昼の間は iPhone アプリが iPad アプリを上回っている。だが、夕方6時頃を境にして両者は逆転。iPad アプリが iPhone アプリを大きく上回ることがわかった。また、iPhone アプリは1日に何度も、数分間づつ利用されている。これに対し、iPad アプリは、長時間連続して利用されていることがわかった。

iPhone アプリは昼に、iPad アプリは夜に利用される
1日の中でのアプリ利用状況
(出典:Zite)

モバイルアプリ開発者としては、iPhone 向けアプリは短時間の利用に適したものを、そして iPad 向けアプリはじっくりと腰を据えた利用に適したものを開発するのが良いのかもしれない。
【関連記事】
Apple、米国での Galaxy Nexus 販売差し止めを求め Samsung を提訴
Apple iPad 3 は3月に登場?
Apple の時価総額、スウェーデンの GDP を上回る
欧州5か国の iPad 利用者は約3割が iPhone 所有者
2011年の半導体市場で Apple が世界最大の顧客に

関連キーワード:
iPad
 
iPhone
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites