Technology

テクノロジー

【HTML5 Dev】HTML-Kit 5.1 と HTML-Kit Tools のどちらを選ぶか?

Robert Gravelle
2011年12月21日 / 07:00
 
 
登場から10年近くが経過し、数百万回もダウンロードされた「HTML-Kit」は、相変わらず世界中の Web 開発者にとってお気に入りのフリーウェア HTML エディタだ。推奨するに値するポイントとしては、複数のファイル タイプおよび標準技術に対応し、内部/外部ライブ プレビュー モードを備え、HTML-Kit 用プラグイン サイトで公開されている数百種類の無償アドインが存在する点がある。

HTML-Kit の開発元である Chami は2006年後半、上級開発者向けに高度な機能を搭載する「HTML-Kit Tools」を79ドルで発売した。無償版の HTML-Kit も引き続きサイトで公開されているため、HTML-Kit Tools に追加で対価を支払う価値があるかどうかという疑問が生じている。つまり、無償の製品と80ドル(実際のところ現在はセール価格で59ドル)の製品を比べようというのだ。今回はこの疑問を解決しようと思う。そこで、HTML-Kit 292(ビルド番号)とも呼ばれる HTML-Kit 5.1と HTML-Kit Tools Version 20111005を見ていく。

2種類の HTML エディタ


HTML エディタは基本的に2種類ある。WYSIWYG タイプとテキスト タイプだ。WYSIWYG エディタのユーザー インターフェイス(UI)では、画面上でエレメントをドラッグ&ドロップし、ドキュメントのエレメントをビジュアルに並べることができる。このタイプには、「Frontpage」や「DreamWeaver」という両雄が存在する。この UI の重要な差別化要因は、明示的に表示させない限りコードがユーザーから見えない点だ。一方、テキスト タイプのエディタは、手作業で Web サイトのコードを書きたいというユーザーをターゲットにしている。

テキスト タイプのエディタを支持する人々は、WYSIWYG エディタは初心者向けで、何もかも代行してしまうためコードの学習を阻害しかねない断言する。それでは、Java プログラマも「Eclipse IDE」を捨てて(Windows 標準のテキスト エディタである)「Notepad(メモ帳)」に戻るべきだというのだろうか。これには賛成できない。なお、今回比較するどちらの HTML Kit も Web コンポーネントを手作業で書きたい人のためのテキスト タイプのエディタだ。とはいえ、いずれの製品も手作業を大幅に楽にする多数の機能を搭載している。

外観の違い


両ツールのルック&フィールを比較すると、外観の大きな差がすぐにはっきりする。

HTML-Kit 5.1 と HTML-Kit Tools のどちらを選ぶか?
*クリックして拡大

 
HTML-Kit 5.1 と HTML-Kit Tools のどちらを選ぶか?
*クリックして拡大

HTML-Kit 292がツールバーとタブの組み合わせですべてのコマンドを利用するのに対し、HTML-Kit Tools はウィンドウ スタイルのリボンを使って外観をスッキリまとめている。さらに、後者の方がアイコンが大きく目立つ。実際のところ、筆者にはアプリケーション全体が目立つし、見栄えがすると思われる。

類似機能の比較


タグ挿入など、どちらのエディタも搭載している基本的な機能は多い。両エディタともコード アシスト機能を備えているため、タグのペアをすべて入力する必要はない。

HTML-Kit 5.1 と HTML-Kit Tools のどちらを選ぶか?
*クリックして拡大

さて、ここで白状しなければならない。筆者はかねてから HTML-Kit 292を使って本稿と実証用のページを書いてきた。DreamWeaver から移行してきたため勉強が必要だったが、その甲斐はあった。また、存在を知って手放せなくなった機能もいくつかある。非常に気に入ったのはタグ ドロップダウンだ。選択したテキストを囲むことさえ可能で、コードス ニペットを<PRE>タグに入れるときによく使う。それだけではない。

「<」や「>」を「& lt;」や「& gt;」へなど、HTML タグを同等のコード表記に変換するテキスト変換ツールもある。筆者はこれを HTML マークアップの例でよく使う。本当のところ、これは氷山の一角に過ぎないのだ。筆者は新しいツールや機能を今も勉強中だ。しかし勘違いしないでいただきたいのは、テーブル作成ウィザードなど、明らかに不足している機能もある点だ。基本的な表を作成するコマンドはあるが、それくらいだ。筆者が1つのコマンドで作成できる最も手の込んだ表は、以下のようなものだ。

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" summary="">
<tr><td></td></tr>
</table>

一方、フル機能搭載により近い HTML Kit Tools には、テーブル作成用のものも含め複数のウィザードが用意されている。

HTML-Kit 5.1 と HTML-Kit Tools のどちらを選ぶか?

 

追加機能


HTML-Kit Tools には無償版の HTML-Kit 292にはない以下のような追加機能がたくさんある。

  • 仮想およびリモート/FTP フォルダでプロジェクトを管理する機能
  • 改善が推奨されるコードをハイライト表示する HTML Tidy インターフェイス
  • HTML、XHTML、XML、CSS、およびスクリプト用のドキュメント構造/ファンクション表示
  • HTML-Kit Tools、設定、テンプレート、およびプラグインをポータブル USB デバイスに取り込む機能
  • コード フォールディング(折りたたみ表示)などの機能が追加された強化版エディタ
  • ファイルのバージョン管理とバックアップ
  • 強化版イメージピッカ ツール
  • エディタ着色スタイルのサポート
  • 複数ファイルに対するグローバル検索/置換
  • iPad 上でのプレビュー


まとめ


筆者が価格の異なる2つの製品を比較するときは、高い方にその分に見合ったものがあるのかどうか自問するようにしている。これは、コンピュータ、服、車、そして食品も含め、ほとんどの場合うまくいく。わずか79ドルの価格なら HTML-Kit Tools にはそれに見合う価値があると考えるが、無償の HTML-Kit の方も傑出したエディタであり、これ以上何が必要なのか考えてしまうだろう。

筆者にとって HTML-Kit Tools で最も特徴的な機能が、プロジェクトとサーバー アプリケーションの管理機能だ。このような理由から、筆者はこれをエンタープライズ レベルの Web 開発に適した選択肢として勧めるが、Eclipse や IBM の「Rational Software Architect(RSA)」など、この分野にはさらに高機能な IDE もある。筆者としては、筆者と同じように無償の HTML-Kit から使ってみて、どう思うか試すことを勧める。それから次に無償の30日評価版を Chami の Web サイトからダウンロードして HTML-Kit Tools を評価すればいい。ここまでくれば、自分に最適な選択が簡単にできることだろう。

メイン Web サイト:http://www.htmlkit.com/
プラグイン Web サイト:http://www.html-kit.com/tools/plugins/
【関連記事】
【HTML5 Dev】Web サイトへの画像アップロードが HTML5 で簡単に
【HTML5 Dev】キャンバスのマウス管理とステータス ストレージ
【HTML5 Dev】マウス操作なしの CSS3 アニメを制作
【HTML5 Dev】キャンバスでアニメーションと複数デバイスの処理

関連キーワード:
iPad
 
Java
 
IBM
 
Eclipse
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites