Technology

テクノロジー

米 Oracle、初の完全仮想化クラウド OS Solaris 11 を提供

japan.internet.com 編集部
2011年11月10日 / 21:40
 
 
 
米国 Oracle は2011年11月9日、初のクラウド OS「Oracle Solaris 11」の提供開始を発表した。

Oracle Solaris 11 は、クラウドサービスのセキュリティ、パフォーマンス、拡張性要件に対応する設計で、プライベート、ハイブリッド、パブリックのいずれのクラウド環境でも、エンタープライズアプリケーションを実行させることができる、という。

また、Oracle Solaris 11 は完全に仮想化された初の OS として、OS、ネットワーク、ストレージリソース向けの仮想化機能が組み込まれており、x86 と SPARC システムで動作するサーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」に対応する。

「Oracle Solaris Zones」による仮想化は、VMware の15分の1のオーバヘッドで、物理ノードごとに数百ゾーンまで拡張でき、メモリ、ネットワーク、CPU、ストレージリソース上での人為的な制限はないそうだ。

Oracle Solaris 11 のデータとストレージの管理基盤は「Oracle Solaris ZFS」が提供する。

P2V/V2V ツールを使用し、Oracle Solaris 11 の最新機能にアクセスしながら、従来の Oracle Solaris 10 環境を「Oracle Solaris 10 Zone」に移行させ、既存投資を保護できる。

「Oracle Solaris 11」「Oracle Enterprise Manager Ops Center」「Oracle VM」の各ソフトウェアは、Sun サーバーにシステムサポートの一部として含まれ、組み込み型のクラウド機能を提供する。
【関連記事】
クラウドのライフサイクルを管理する「Oracle Enterprise Manager 12c」
NTT ドコモ、データマイニングシステムに Oracle Exadata を採用
アシスト、IBM ハードウェアの「DODAI-i」に「高速I/Oモデル」を追加
ANA 国内線システム、来年 Oracle Service Bus に移行
日本オラクル、SPARC T4 と Solaris 搭載エンジニアド システムを販売

関連キーワード:
クラウド
 
CPU
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites