Technology

テクノロジー

日立が南極昭和基地の水素発電システムを受注、風力発電を水素で備蓄

japan.internet.com 編集部
2011年11月8日 / 21:10
 
日立は2011年11月7日、国立極地研究所から、風力発電機利用水素発電システム一式を受注した、と発表した。

受注した風力発電機利用水素発電システムは、風力発電で得た電力を水素に変換して備蓄、必要なときに電力として取り出すシステム。発電電力の変動が大きい再生可能エネルギーを、安定的に供給できる。

この水素発電システムは、発電電力の変動が大きい風力発電でも、効率よく水素生成できる「水素製造システム」、生成した水素を有機化合物であるトルエンに固着させ、常温・常圧の液体であるメチルシクロヘキサン(Methyl Cyclo Hexane:MCH)の形態で貯蔵する「備蓄システム」、貯蔵した MCH から水素を取り出し、水素混合ディーゼル発電機で発電する「回収システム」から構成されている。

MCH は、取扱分類がガソリンと同等の第4類第1石油類のため、タンクローリーやガソリンスタンドなど既存のインフラで輸送・貯蔵できる。

このシステムは11月から来年3月まで、秋田県にかほ市で風力発電機と接続して稼動、南極昭和基地でエネルギー自給率を向上するための基礎データ取得に活用される予定。

現在、南極昭和基地では、ディーゼル発電機で発電した電力を、観測機器や生活用電力源として使用している。南極観測に必要な物資は、南極観測船「しらせ」が輸送するが、これらの物資のうち、ディーゼル発電や車両用の燃料が総輸送量の約半分を占めている。

「しらせ」による燃料輸送に限界があることから、将来の燃料不足対策の一案として、風力発電や太陽光発電など再生可能な自然エネルギーの利用が必要となるが、自然エネルギーは時間や季節による発電量の変動が大きいため、効率的に備蓄し、安定的に再利用するシステムが望まれていた。

日立では今回の受注を契機に、燃料移送が困難・割高な離島や極地、マイクログリッドなどで、再生可能エネルギーから安定したエネルギーを供給、CO2 削減にも貢献するシステムとして、MCH 利用の普及拡大を目指す。

日立が南極昭和基地の水素発電システムを受注
MCH を利用したエネルギー備蓄、回収システム
【関連記事】
日立、指静脈認証管理システムをノベルのアクセス管理製品と連携
日立、メガネなしで複数が見られる 3D 映像技術を開発
日立マクセル、iPad2 用の置くだけワイヤレス充電機「エアボルテージ」
世界の原子力企業が行動原則を採択
日立、生産量の変動を統計モデルで予測する生産管理技術を開発

関連キーワード:
ガソリンスタンド
 
太陽光発電
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites