japan.internet.com
テクノロジー2011年11月5日 09:00

【今週の Web ミミズク】MariaDB、コードベース MySQL

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20111105/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
海外internet.com発の記事
Michael “Monty” Widenius 氏は、OSS DB MySQL の開発者として、また MySQL AB 会社の創立メンバーとして有名だが、Monty 氏はまた、Oracle による Sun の買収に、署名サイト「Save MySQL!」を立ち上げて反対したことでも有名だ。

その Monty 氏は2009年以来、MySQL ベースの「MariaDB」に取り組んでいる。odbms.org の編集者 Roberto V. Zicari 氏が、Monty 氏に、MariaDB に関するインタビューを行っている。

Zicari 氏は、インタビューで以下の9つの質問を行った。

Q1:MariaDB は OSS DB サーバーで、MySQL に対するドロップイン置換機能がある。新しい MySQL を開発することにしたのはなぜか。

Monty:理由は2つある。

ひとつは、コードベースの MySQL(MariaDB という名前の)がオープンソースとして、Oracle が何をしようと、生き延びることができるようにしたかったからだ。Oracle は現在、オープンソースからオープンコアに移行しつつあるので、後知恵だが、まさにすべきことだった。

もうひとつは、MySQL 開発者が オープンソースの手法で MySQL の開発を続けられる拠点を確保するためだ。もともといた中核開発者を失うと、製品が生き残るすべがない MySQL のエコシステムには、大切なことだ。これもまた、後に、Oracle がもともといた中核の開発者のほとんどを失ったときに証明されたことだ。運よく、彼らのほとんどは MariaDB プロジェクトに参加した。

Q2:MariaDB 5.3.1 ベータでは何が新しいか。

Q3:MariaDB は現在どのように使われているか。MariaDB を使っているアプリケーション例を教えてほしい。

Q4:TB から PB のデータを扱う際、どのようにしてスケーラビリティとパフォーマンスを確保するか。

Q5:どのようにして構造化/非構造化データを扱うか。

Q6:ほかに誰が MariaDB を使っているか。それはなぜか。

Q7:MariaDB で次に何をするか。

Q8:オープンソースコミュニティは、どのようにこのプロジェクトに貢献できるか。

Q9:クラウドコンピューティングは MariaDB の役に立つか?イエスなら、どのようにして。

インタビューの全文はこちら
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.