Technology

テクノロジー

富士通、世界最大級記憶容量のディスクアレイを発表

japan.internet.com 編集部
2011年11月2日 / 13:00
 
 富士通は2011年11月1日、ストレージシステム「ETERNUS」でエンタープライズ級ディスクアレイ「ETERNUS DX8000 series」のラインナップを一新、新モデル「ETERNUS DX8100 S2」および「ETERNUS DX8700 S2」の販売を世界各国で開始した。出荷開始は2012年1月31日。

ETERNUS シリーズで、5月にミッドレンジとエントリクラスを一新したのに続き、今回、その上位となるエンタープライズ級を一新、全モデルラインナップにわたり性能を強化した。

ETERNUS DX8100 S2 と ETERNUS DX8700 S2 は、大規模なストレージ統合やビッグデータ用の大容量ディスクアレイ。メインフレームとオープンシステムの両方に対応、世界最大クラスの記憶容量 4.6PB の拡張性を備えている。

また、従来比最大3倍にスループットを向上、サーバーとの接続インターフェイス数を最大128本にし、データ転送速度 10Gbps FCoE、10Gbps iSCSI にも対応した。

さらに、2.5インチディスクドライブや高効率電源供給モジュールを採用、消費電力を従来比53%削減した。

 

富士通、世界最大級記憶容量のディスクアレイを発表
「ETERNUS DX8700 S2」(ラックマウント)

 

「ETERNUS DX8700 S2」(専用ラック搭載時)
「ETERNUS DX8700 S2」(専用ラック搭載時)

関連キーワード:
富士通
 
ビッグデータ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites