Technology

テクノロジー

【今週の Web ミミズク】SAP HANA の秘密(1)

japan.internet.com 編集部
2011年10月14日 / 22:00
 
owl
分析系インメモリデータベースとしての HANA

BI 分野では、「Oracle Coherence」などのインメモリデータベースが、今トレンドのようだ。

インメモリデータベースソフトウェアとしては、「IBM solidDB」や「Oracle TimesTen In-Memory Database」などがあるが、SAP HANA も2010年12月の発表時は、「インメモリソフトウェア」SAP High-Performance  Analytic Appliance(HANA)と謳われている。

「Analytic」(分析)もトレンドで、Oracle にも、インメモリ型のハードウェア/ソフトウェア一体化システム「Oracle Exalytics Business Intelligence Machine」がある。

だが、昨年末には高速分析アプライアンス(SAP High-Performance  Analytic Appliance)として紹介された HANA であるが、11月のメジャーバージョンアップ「SAP HANA SP3」を控えた10月11日の説明会では、「High-Performance Analytic Appliance という言葉はもう使っていない」と、SAP ジャパン リアルタイムコンピューティング推進本部長の馬場渉氏は語った。

馬場氏によると、もともと HANA は「Hasso's New Architecture」の略称だったそうだ。「Hasso」は、SAP の創業者の名前で、40年前に SAP を創設したときは、 Realtime Business を志してアプリケーション開発をしたという。

今そのリアルタイムシステムでボトルネックになっているのが、データベースだという。Hasso 氏は現役を引退後、7、8年ほど前、大学で教鞭をとるかたわら、大学や政府機関と次世代データベースアーキテクチャを研究した。これが、Hasso's New Architecture だ。High-Performance Analytic Appliance として登場する前の HANA の素顔だ。

モバイルやソーシャルメディアの普及で情報が爆発的に増加する時代には、コンピューティングインフラが根本的に変わる。それによってネットワーク、メモリ、CPU コア数が根本的に変わった時の基盤データベースが、30年続いたリレーショナルデータベースと、50年続いたハードディスクということは、あり得ない。

アプリケーション企業としての SAP にとっては、データベースはアプリケーションの最大のコストであり、主要コンポーネントだが、これがボトルネックになっていることが、この十数年悩みだったという。

SAP はデータベースを自製するか、あるいは第三者のイノベーションを待つしかなかったが、ここで SAP による内製に踏み切ったのだ。これが、HANA だ。

HANA は、あらゆるデータベースの考え方を変えていこうという取り組みである、と馬場氏は語る。

SAP は HANA で、OLTP、OLAP、数字の情報、Twitter や Facebook の非構造化データ、スモールステップのデータ、スケールの大きいビッグデータ、あらゆるデータのデータベースを変えていくが、一気に変更するのではなく、順番を踏んで変更する。その第一歩が分析系だったのだ。
【関連記事】
【今週の Web ミミズク】日本版 SxSW
【今週の Web ミミズク】TPoX プロジェクトインタビュー
SAP、インメモリ分析『HANA』の2種類の新ソリューションを発表
【今週の Web ミミズク】2011年秋に死す、Project Gutenberg 創設者
【今週の Web ミミズク】2つの誕生日、「ドラえもん」と「Google Chrome」

関連キーワード:
Facebook
 
Twitter
 
CPU
 
IBM
 
ビッグデータ
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites