日立は2011年7月19日、データセンターのサーバーやストレージなどを収容したコンピュータラックの増設にあわせ、ラック間を接続するネットワークをスケーラブルに拡張する通信経路制御技術を開発した、と発表した。

この技術は、従来、データセンターのラック接続だった大型スイッチの代わりに、小型スイッチを並列に接続、システム拡張や構成変更によるラック増設にあわせ、スケーラブルにネットワークを拡張するもの。初期投資を抑えるとともに、消費電力も低減する。また、稼動中の業務システムを停止せずネットワークの拡張作業が進められる。

従来のデータセンターは、コンピュータラック間の接続に大型スイッチを用いているため、ネットワークの柔軟な拡張や変更に対応するのが困難だった。

日立は、小型のボックス型スイッチを並列に設定することで、拡張性の高いネットワークを構築できるスケーラブルな通信経路制御技術を開発した。

従来、経路制御に利用されている通信プロトコル STP(Spanning Tree Protocol)は、スイッチ間で複数の経路が接続されていても、単独の経路しか使用しなかった。そこで、スイッチ間で複数の経路を同時に接続、各スイッチが自律的にネットワークを拡張する通信経路制御技術を開発した。個々のスイッチ機能を、サーバーなどに接続ポートを提供するものとスイッチ間を相互接続するものに分けて運用することで、並列化を実現した。

また、並列に設定した複数の小型スイッチを、一つの装置とみなして管理する技術を開発した。

この技術は、6月8日から10日に開催された情報通信技術に関する展示会「Interop Tokyo 2011」で、日立電線の展示の一部として参考出展された。

 

日立、小型スイッチの並列接続でネットワークを拡張
今回開発した技術の概要図
*クリックして拡大