Technology

テクノロジー

Microsoft、「Office 2010 SP1」のダウンロード提供を開始

japan.internet.com 編集部
2011年6月30日 / 07:00
 
 
米国 Microsoft は2011年6月28日、オフィス スイート製品「Office 2010」およびポータル サーバー製品「SharePoint 2010」向け初のサービス パック「Office 2010 Service Pack 1(SP1)」をリリースした。SP1 適用により、安定性とパフォーマンス、セキュリティが向上するという。まず「Download Center」および「Windows Update」経由の手動ダウンロード用に提供を開始し、90日後に自動アップデート機構「Automatic Update」での提供を始める予定。

SP1 は、公開済みの各種修正パッチに加え、未公開の修正パッチなどを一括適用する累積アップデートとなる。機能を改善/追加するほか、「Internet Explorer 9(IE9)」の動作や SharePoint のデータベース処理などに対するパフォーマンス改善も行う。

適用対象は、SKU(Stock Keeping Unit)の形態で販売している製品で、対応言語数は40言語。「Access 2010」「FAST Search Server 2010 for SharePoint」「Office Web Apps」「Project 2010」「Search Server 2010」「Visio 2010」に対するアップデートも実施する。

なお、Microsoft は同じく6月28日に、Office 2010 と連携するクラウド サービス「Office 365」の正式提供を開始した。
【関連記事】
Microsoft が「IE10 PP2」を公開、「Windows 8」と同等の HTML5 対応
Microsoft、「Office 365」の正式提供を開始
Ballmer 氏、『Office 365』を幅広い企業にアピール
日本マイクロソフト、Office 365 の販売を開始
Microsoft、『Android』端末メーカーと特許契約をまた締結

関連キーワード:
Office
 
クラウド
 
Microsoft
 
IE
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites