米国 McAfee 日本法人のマカフィーは2011年6月6日、マルウェア感染でサイバー犯罪者の管理下に入ってしまったパソコン「ゾンビ」に関する調査結果を発表した。それによると、ゾンビの多い国ワースト5は、1位インド、2位ロシア、3位ブラジル、4位インドネシア、5位ベラルーシだった。

ゾンビとは、サイバー犯罪者に乗っ取られ、ユーザーの気付かないうちに遠隔操作可能な状態になったパソコンのこと。多数のゾンビで構成されたネットワークはボットネットと呼ばれ、犯罪などに悪用されるという。例えば、全世界のスパム メールのうち8割がゾンビから送信され、Web サイト攻撃やマルウェア配布、フィッシング サイト構築などにも使われるそうだ。2011年2月に世界最大のボットネット「Rustock」を遮断したところ、スパムの送信量が3分の2に減少したとの調査結果がある。

世界規模のボットネットについては、2011年5月時点で大きなものから「Maazben」「Bobax」「Cutwail」「Grum」「Donbot」が存在する。

なおマカフィーは、マルウェア感染によるパソコンのゾンビ化を未然に防ぐため、有名人のニュースなどを伝える迷惑メールや電子グリーティング カードを受け取っても、リンクをクリックしたり添付ファイルを開いたりしないよう呼びかけている。