Technology

テクノロジー

日本 IBM、SAP HANA 搭載インメモリアプライアンス

japan.internet.com 編集部
2011年4月8日 / 12:40
 
日本 IBM は2011年4月7日、「Intel Xeon E7」ファミリと大容量メモリを搭載した IBM x86 サーバーによる、インメモリ コンピューティング アプライアンス製品「IBM System x ワークロード最適化モデル for SAP HANA」を販売する、と発表した。

業務システムのデータベースからデータをメモリに展開し、SSD を処理内容保持領域(トランザクション・ログ領域)として、リアルタイムに検索、モデル化および分析を実行するもの。

最小構成価格は1,180万円(税別)。出荷開始は5月27日。

このアプライアンスは、IBM 次世代 x86 サーバーアーキテクチャ「第5世代 Enterprise X-ArchitectureR」(eX5)に準拠し、大容量メモリを搭載できる「IBM System x3690 X5」や「IBM System x3950 X5」に、SAP インメモリソフトウェア「High-Performance Analytic Appliance」(SAP HANA)をあらかじめ搭載したもの。

サーバー機種やプロセッサ数、メモリ容量などの構成をリアルタイム検索や分析ワークロードに最適化し、また、データ容量に応じて、5種類のモデルを用意した。

スーパーコンピュータにも採用されている IBM の分散ファイルシステム「General Parallel File System」(GPFS)を搭載し、複数台を並列接続して性能を高めることもできるようにした。

 

SAP HANA 搭載インメモリアプライアンス
製品写真(System x3690 X5 ベースモデル)
【関連記事】
日本 IBM が海外クラウドからの仮想サーバーで支援
日本 IBM が Riverbed の WAN 最適化ソリューションを販売
日本 IBM、メインフレーム z196 向け SOA 業務連携アプライアンス新製品を発売
富士通と NEC はプラス、日立、日本 IBM、日本 HP はマイナス成長―IDC Japan 主要 IT ベンダー2010年上半期調査
日本 IBM、データベースのセキュリティを強化するアプライアンス新製品を発表

関連キーワード:
Intel
 
IBM
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites