Technology

テクノロジー

Windows Azure Platform を90日間無料で

japan.internet.com 編集部
2011年3月17日 / 11:10
 
日本マイクロソフトは2011年3月15日、米国 Microsoft が今回の東北地方太平洋沖地震の被災者の救済と被災地の復興に、200万ドル相当の支援を行うことを決定した、と発表した。

また、日本マイクロソフト社員からの募金を、被災地で支援活動を行う NGO に全額寄付するとともに、MSN サイトに震災関連情報ポータルページを設置して安否情報や震災関連情報を掲載する。

アクセス集中などで高負荷状態の Web サイトや、緊急情報提供用の Web サイトについて、クラウドサービス「Windows Azure Platform」によるサイト構築と既存サイトの迅速な移行を支援する。Web サイトのミラー構築とともに、開発者支援チームによる技術支援や、サイト構築簡素化支援ツールも提供する。

支援希望受付メールアドレスは info311a@microsoft.com。

また、Windows Azure Platformを90日間無料で利用できる「AZURE312」パスをhttp://windowsazurepass.com/?Campid=F3313E69-464C-E011-98E3-001F29C8E9A8発行している。

さらに、被災地の復旧を支援する非営利法人(NGO/NPO)を対象に、復旧業務に必要な Windows 製品、Office 製品およびサーバー製品などのソフトウェアを一定の枠内で無償で提供する。問合せ窓口は japanca2@microsoft.com。

なお、ネットワーク回線への負荷軽減や節電を考慮し、3月15日午後1時に予定していた「Internet Explorer 9」日本語版の販売開始を延期した。
【関連記事】
Google、「IE9」用の WebM ビデオ再生プラグイン公開
インターリンク、セカンドライフ内で義援金受付を開始
Verizon と AT&T が日本への通話などを無料に
ハイブリッド Banana サーバーを地震関連サイトに無料で提供
被災市町村のウェブサイト、津波被害地域を中心に確認できず

関連キーワード:
Office
 
クラウド
 
Microsoft
 
マイクロソフト
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites