NEC は2011年3月9日、新ネットワーク制御技術「OpenFlow」対応のネットワーク製品「UNIVERGE PF シリーズ」(プログラマブルフロー)の販売活動を開始した。

「UNIVERGE PF シリーズ」は、これまで NEC が「プログラマブルフロー」として研究開発していたもので、今回、企業やデータセンター事業者向けに商用化した。世界初の製品化となった。

新製品は、ネットワークを集中管理/制御する「プログラマブルフロー コントローラ」(PFC)と、データを高速転送する「プログラマブルフロー スイッチ」(PFS)から構成される。

新製品では、これまで各スイッチに一体化されていたデータ転送機能と制御機能を分離し、制御機能を PFC に集約。PFC がネットワーク全体を監視し、各データの最適な経路を判断して PFS に指示を出す仕組みとなる。

これまで困難だったパケットの通信経路や状況を統計情報(パケット量、バイト数、セッション継続時間など)として GUI で管理できるので、万一の障害時にも迅速に対応、経路を制御できる。

価格は、プログラマブルフロー コントローラ「OpenFlow UNIVERGE PF6800」が1,000万円から、プログラマブルフロースイッチ「UNIVERGE PF5240」が250万円から。いずれも出荷開始は5月上旬。

OpenFlow は、スタンフォード大学を中心としたコンソーシアムが規定する、ネットワークに関する技術とオープンなインターフェイス仕様の総称。様々な通信プロトコルの制約から解放され、最適なネットワークを自由に構築できる次世代のネットワーク制御技術。
現在のネットワークでは、映像や音声データはあらかじめ決められた通信経路でやりとりされるが、通信量が急増したり障害が発生すると、映像が乱れたり音声が途切れたりする場合があるが、この NEC の新製品では、通信負荷増大や障害を検出、最適な通信経路を自動的に選択できる。

また、企業やデータセンターのネットワーク構成をシンプルにし、効率的に運用ができるため、従来のネットワーク機器で構成した場合と比べ、初期導入コストを約2分の1削減、運用コストも大幅に削減できるそうだ。未使用スイッチの消費電力も抑制できるため、消費電力も従来比、約40%低減できる。

2月には、日本通運が業務システムでの採用を決定している。

 

プログラマブルフロー コントローラ「UNIVERGE PF6800」
プログラマブルフロー コントローラ「UNIVERGE PF6800」
 

プログラマブルフロー スイッチ「UNIVERGE PF5240」
プログラマブルフロー スイッチ「UNIVERGE PF5240」
 

ネットワーク構成図
ネットワーク構成図
*クリックして拡大