Technology

テクノロジー

Facebook を標的とする新たなマルウェアが2件登場

Larry Barrett
2011年2月4日 / 12:10
 
 
Facebook がまたもやクラッカーらの攻撃を受けている。今回は、スパマーにアカウントが乗っ取られた、あるいはアカウントが停止されたという偽の情報をユーザーに伝える手口で、スパムの拡散や個人情報の窃取を狙うものだ。

登録ユーザー数が5億5000万人を超える Facebook は、時にあきれるほどのセキュリティの穴を露呈することがあり、マルウェア作成者や取るに足らないクラッカーが自らの稼業に精を出すには格好の温床となっている。

セキュリティ ソフトウェア ベンダー Panda Security は1月28日、似たような手法を用いる2件の新たな脅威を公開した。これらの脅威はいずれも愛すべき自らの Facebook アカウントにアクセスできなくなったとしてユーザーを脅すという手口で「猛威を振るっている」と、セキュリティ アナリストたちは警告している。

PandaLabs の研究者によって「Asprox.N」と名付けられた1つ目の脅威では、ユーザーの Facebook アカウントがスパム送信に悪用されているという内容の Eメールにトロイの木馬を仕掛け、勝手に送り付ける。皮肉なのは、当然のことだが、送られてきたメールに指示された対処法 (新しいパスワードが書かれていると称する偽の『Word』ファイルをクリックするなど) を実行すると、被害者のパソコンやモバイル機器が感染し、スパムを拡散させる媒体と化すということだ。

2つ目の脅威は、MSN や Yahoo! のインスタント メッセージング (IM) アプリを通じて拡散しているもので、表示された悪意のあるリンクをクリックすると、そのユーザーのコンピュータやモバイル機器が「Lolbot.Q」ワームに感染するというものだ。

このワームがインストールされると、被害者が Facebook にログインしようとした場合、「そのアカウントは停止されている」という内容の警告メッセージがポップアップ表示され、ユーザーはアカウントを再開するためにアンケートへの回答を要求される。このアンケートは、回答者には新しいノートパソコンや iPad が当たるチャンスがあると騙り、電話番号などの個人情報の入力を促してフィッシング詐欺用のデータを集める。
【関連記事】
大企業向けのソーシャルメディア管理プラットフォームが登場
ブルーコート、iPhone、iPad、iPod で使う子供向け Web ブラウザを無償配布
報酬は若いほど高くすべきか?
Facebook CEO のファンページがハッカー攻撃の標的に
アクセスの可否をめぐって IT 担当者を悩ませる『Facebook 』

関連キーワード:
iPad
 
Facebook
 
Yahoo
 
パスワード
 
マルウェア
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites