Technology

テクノロジー

世界最速スパコンは GPU で作られている【最新ハイテク講座】

IT ライフハック
2010年12月6日 / 14:30
 
 
NVIDIA の最新グラフィックス「GeForce GTX 580」


コンピューターでのグラフィック処理は、低価格マシンならチップセットなどに組み込まれている。高機能なマシンになると、グラフィック処理を専門に行なっているボードが搭載される。そのボード上でグラフィックの命令をこなしているのが GPU(グラフィック プロセッシング ユニット)だ。

浮動小数点演算などの処理を得意とする「DSP」、グラフィックの描画を高速に行う「グラフィックアクセラレータ」などと進化してきたが、最近ではグラフィックプロセッサメーカーの NVIDIA が提唱しはじめた GPU という呼び方が主流となっている。

一般的な話は、「失敗しない PC 選びは「GPU」? 最新パソコン購入対策に「GPU」を知ろう」に任せて、最新 GPU 動向を探っていこう。

11月、世界で稼働しているスーパーコンピュータについて、電力消費量あたりの性能の順位が公表された。世界トップクラスの2.4ペタフロップスという性能を持つ東京工業大学の TSUBAME 2.0 が2位にランクインしたが、この中にも GPU の技術が生かされている。GPU は、従来はグラフィックス処理用だったが、いまや汎用のベクトル演算プロセッサへと進化し、さまざまな領域へと活躍の場が広がりつつある。

GPU の話題で外せないのが、NVIDIA が持つ CUDA と呼ばれる並列コンピュータアーキテクチャだ。ソフトウェア開発者や研究者などが、CUDA 対応 GPU を、計算処理を行なう生物学や化学、流体シミュレーション、CT 画像処理、地質調査などの幅広い分野で活用しようとしている。そう、この CUDA を取り入れた Tesla が東京工業大学のTSUBAME2.0 に採用されているのだ。

さらに、中国の国防科学技術大学(NUDT)によって設計され、天津の国立スーパーコンピュータセンターに収容された新型スーパーコンピューター「Tianhe-1A」も、7,168個の NVIDIA Tesla M2050 GPU が採用され、10月には LINPACK ベンチマークで2.507ペタフロップという世界最高のパフォーマンスを樹立したほど。実は、TSUBAME2.0 も4位につけている。

CUDA は、DirectX 11 に対応した「NVIDIA GeForce GTX 580」にも採用されている。コンシューマ向けでありながら CUDA コアを512も搭載しているまさにモンスターだ。グラフィックから発展してきた GPU が CPU に置き換わる日も遠くないのかもしれない。

NVIDIA 
ITライフハック 
ITライフハック Twitter
【最新ハイテク講座】の記事をもっと見る
メガネなしで立体に見えるのはなぜ?進化する3D技術(後編) 
もう専用メガネはいらない 東芝が裸眼3D液晶テレビを開発 
ドコモとソフトバンクが高速通信で対決!Xi vs ULTRA SPEED

 ・明るいところから暗いところまでキレイに写る「HDR」 CUDA高速GPUプログラミング入門CUDA高速GPUプログラミング入門
著者:岡田 賢治
秀和システム(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


記事提供:IT ライフハック
【関連記事】
メガネなしで立体に見えるのはなぜ?進化する 3D 技術(後編)【最新ハイテク講座】
メガネあり?それともメガネなし?進化する 3D 技術(前編)【最新ハイテク講座】
東工大の低消費電力スパコン Tsubame 2.0、世界第4位
ドコモとソフトバンクが高速通信で対決!Xi vs ULTRA SPEED【最新ハイテク講座】
livedoor、ゲームで英語を学習する無料サイト「cocone」と提携

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites