Technology

テクノロジー

Apple、『Mac OS X 10.6.5』で130件を超える脆弱性に対応

Sean Michael Kerner
2010年11月12日 / 11:00
 
 
セキュリティ更新の中には、時に、非常に大規模なものもある。

Apple は11日、『Mac OS X 10.6.5』をリリースし、同 OS に対するセキュリティ更新としてはこれまでで最大の、130件を超える脆弱性に対応した。

今回の更新は、6月に『Mac OS X v10.6.4』を公開して以来、初めての大規模なセキュリティ更新だ。

Mac OS X 10.6.5 で対応した脆弱性にはグラフィックスや画像の扱いに関するものが多く、グラフィックス サブシステム『ImageIO』に関しては少なくとも4件の脆弱性に、また Unix ベンダーが利用しているウィンドウ環境『X Window System』を Apple が独自に実装した『X11 for Mac OS X』のグラフィックス フレームワークに関しては16件の脆弱性に対応している。

Apple のメディアプレーヤー『Quick Time』にも、グラフィックスやメディア関連の問題が存在する。今回の更新では、Quick Time に関して、任意のコードが実行される恐れのある脆弱性少なくとも8件に対応した。

また、Web ブラウザ『Safari』に対する修正も今回の更新に含まれている。この脆弱性は Safari の RSS フィード機能に関するもので、情報の漏洩につながる恐れがある。

脆弱性のすべてが Apple の自社開発技術に関するものだというわけではない。今回の更新は Adobe Systems の『Adobe Flash Player』に存在する55件もの脆弱性にも対応している。Microsoft の『Windows』とは異なり、Apple では OS の更新と同時に Flash Player の更新も行なっている。
【関連記事】
トレンドマイクロ、クラウドセキュリティサービスを事業者や中小向けに開始
電通、米 Apple と提携、日本で iAd を展開
Microsoft、11月の月例更新で「緊急」1件を含む情報を公開
ソフォス、Mac 個人ユーザー向けにウイルス対策ソフトを無料配布
Microsoft、11月の月例更新は小規模に

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites