Technology

テクノロジー

チェック・ポイント、メディア暗号化製品で情報セキュリティ国際評価基準の EAL4+を取得

japan.internet.com 編集部
2010年9月15日 / 12:50
 
チェック・ポイントは2010年9月14日、Check Point のメディア暗号化製品「Check Point Endpoint Security Media Encryption」が、NIAP(National Information Assurance Partnership)による情報セキュリティ国際評価基準の「EAL4+」(Evaluation Assurance Level 4+)認証を取得したと発表した。

この認証取得により、最高レベルのセキュリティ認定を必要とする環境にも対応できるエンドポイント セキュリティ製品のポートフォリオを拡充した。

Check Point Media Encryption は、USB ドライブや CD、DVD などのリムーバブル メディアを暗号化して、企業の機密データ保護とマルウェアの侵入防止をするもの。

Check Point のエンドポイント製品担当バイスプレジデントである Ben Khoushy 氏は、次のように語っている。

「今日リムーバブル メディアの普及と大容量化によって意図的なデータのコピーや万が一の盗難、紛失の際、即座に企業の重要なデータが漏洩するなど、セキュリティ侵害が発生するリスクが高まっており、多くの企業にとってデータの暗号化はますます重要なセキュリティ要件となっている。今回の EAL4+ 認証の取得により、優れた製品を開発する Check Point の取り組みが改めて評価され、また当社製品の最高レベルの信頼性と保護機能が証明された」
【関連記事】
チェック・ポイント、国内 MSP 向けにキャリアクラスの統合アプライアンスを月額料金で販売
チェック・ポイント、企業が Web 2.0 アプリを安全に利用できる新製品を発表
チェック・ポイント、セキュリティ管理を仮想ドメインに分割する新ソリューションを発表
NEC ネッツエスアイ、複数の機能を仮想化したネットワークサービスを開始
チェック・ポイント、支店や中規模企業向け Gigabit レベル UTM アプライアンスを発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites