Technology

テクノロジー

F5、BIG-IP の仮想およびハードウェアアプライアンス新製品を発表

japan.internet.com 編集部
2010年6月9日 / 10:00
 
アプリケーショントラフィック管理の F5 ネットワークスジャパンは2010年6月8日、BIG-IP 仮想/ハードウェア両方のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)プラットフォーム新製品を発表、販売を開始した。

新しいハードウェアプラットフォームは「BIG-IP 11050」「BIG-IP 8950」の2製品。また仮想アプライアンス製品「BIG-IP Local Traffic Manager Virtual Edition」(BIG-IP LTM VE)の商用版の販売も開始する。

BIG-IP 8950 のスループットは 20Gbps、BIG-IP 11050 は 42Gbps で、大容量トランザクションを必要とするサービスプロバイダや金融機関からのアプリケーション配信ニーズに応えることができる。

また、10Gbit イーサネット接続に対応した。

仮想 ADC ではリソースが必要になった時点で導入、拡張され、クラウドプロバイダは仮想 ADC の活用でアプリケーションポリシーを顧客単位で適用できる。

BIG-IP LTM VE はアプリケーション配信ポリシーおよび導入時の評価、開発統合、品質保証、ステージング環境を強化したもので、BIG-IP 仮想アプライアンスをテストラボで導入できるため、本番環境設定前に、アプリケーションとネットワークを検証できる。

BIG-IP LTM VE には、商用版と非商用版であるラボ版、すでに発表済みのトライアル版の3種類があり、商用版は最大 1Gbps のスループットが提供される。
【関連記事】
ドコモ、ハンディターミナルとして利用できる法人向け携帯電話「F-05B」を発売
【ドコモ2010夏モデル】カメラ機能が充実したヨコモーション「F-07B」
【ドコモ2010夏モデル】水中でのカメラ撮影ができる IPX8 にも対応した「F-08B」
【ドコモ2010夏モデル】フルハイビジョン対応1,320万画素カメラ搭載「F-06B」
ネットワールド、F5 ARX で NAS 仮想化を――2次ストレージに安価な NetApp FAS を利用

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites