japan.internet.com
テクノロジー2010年1月25日 17:00

「今後は Core i5 が主流に」―インテル・フォーラム 2010

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20100125/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
インテル代表取締役社長 吉田和正氏
インテル
代表取締役社長
吉田和正氏
インテル株式会社は、2010年1月25日、「インテル・フォーラム 2010」を開催し、先に発表された「新2010インテル Core プロセッサー・ファミリー」を紹介した。

1月8日に発表されたのは、廉価版となる Core i3、スタンダードモデルの Core i5、ハイエンドモデルの Core i7。基調講演で登壇したインテル代表取締役社長の吉田和正氏によると、「これからは i5 が主流になっていく」とのことだ。

新プロセッサはインテル ターボ・ブースト・テクノロジー(i7、i5 のみ)、およびインテル ハイパー・スレッティング・テクノロジーという2つの大きな特徴を備える。

ターボ・ブースト・テクノロジーは、作業内容に応じて自動的にプロセッサをクロックアップする機能。ハイパー・スレッティングでは、仮想コアによるタスクの同時作業が可能だ。

基調講演終了後のショーケースでは、新製品を採用したメーカー各社の新製品が展示された。

採用製品メーカーからのゲストと吉田社長
採用製品メーカーからのゲストと吉田社長
32nm プロセス・テクノロジー/300mm ウェハー
32nm プロセス・テクノロジー/300mm ウェハー
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.