キヤノンは、2009年10月20日、約1,610万画 APS-H サイズ CMOS センサーを搭載したプロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark IV」を12月下旬に発売することを発表した。


EOS-1D Mark IV
EOS-1D Mark IV


「EOS-1D Mark IV」は、同社が2007年5月に発売した「EOS-1D Mark III」の後継機種として開発。搭載センサーを、約1,010万画素の APS-H サイズ CMOS センサーから約1,610万画素の APS-H サイズ CMOS センサーへスペックアップされている。

1,610万画素 APS-H サイズ CMOS センサー
1,610万画素 APS-H サイズ CMOS センサー


高性能映像エンジン「DIGIC 4」を2個装備した「デュアル DIGIC 4」により、常用設定できる感度を ISO100〜12800まで拡大。全域でノイズの少ない美しい画質を実現し、感度拡張機能により ISO50〜102400 の設定も可能。F2.8対応のクロス測距センサーを39点に配置した総測距点数45点の新開発 AF センサーを搭載し、新アルゴリズム「AIサーボAF II」を採用した。

映像エンジン「DIGIC 4」
映像エンジン「DIGIC 4」


作動耐久30万回のシャッターの採用や、防塵・防滴仕様、センサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System」に対応し、強い外光の下でも見やすい3.0型クリアビュー液晶IIを搭載、最高約10コマ/秒の高速連写、フル HD 動画撮影機能「EOSムービー」、60pに対応した HD/SD 動画撮影機能などを備えている。

価格はオープン価格、発売は2009年12月下旬を予定している。