japan.internet.com
テクノロジー2009年9月10日 11:20

メール誤送信対策製品「BRODIAEA safeAttach HX2」発売、オレンジソフト

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20090910/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
オレンジソフトは2009年9月10日、メール誤送信対策アプライアンスの新製品「BRODIAEA safeAttach HX2」を発売した。

同社の「BRODIAEA safeAttach」シリーズは、宛先間違いなどの誤操作が原因で発生する情報漏洩の多発を受けて、添付ファイルの自動暗号化などの情報漏洩対策機能を備えたメールゲートウェイアプライアンスとして開発されてきた。

今回発表された「BRODIAEA safeAttach HX2」は、ハイエンド製品の「BRODIAEA safeAttach HA」の後継モデルであり、クアッドコアのインテル Xeon プロセッサ 5500 シリーズを2基搭載しており、HDD 容量も1TB を実現するといった機能拡張も行われている。

オレンジソフトは「この性能向上により、必要となるサーバー台数を減らすことができ、より導入コストを下げることが可能」としている。

また、添付ファイルの暗号化に際して、ZIP よりも強度の高い暗号化アルゴリズム「AES256bit」にも対応しており、高度なセキュリティ要求にも対応できる製品となっている。

「BRODIAEA safeAttach HX2」の販売価格は、300万円。同社は、2010年3月末までに100台の販売を計画している。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.