Technology

テクノロジー

Microsoft、9月の月例更新で『Windows 7』への対応は?

Stuart J. Johnston
2009年9月4日 / 12:10
 
 
Microsoft は3日、9月の月例更新に関する先行情報を公開した。8日に実施される月例更新では、『Windows』のほぼすべてのバージョンに存在する合計5件の脆弱性に対応する予定だという。いずれの脆弱性も深刻度は最高の「緊急」であるため、IT 部門に警告を呼びかけている。

とは言うものの、今回の先行情報は、何が修正されるのかというよりは、何が含まれていないかという点で注目を集めているかもしれない。

8日の月例更新で提供するパッチでは、「緊急」の脆弱性5件を修正する予定だ。『Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)』と『Windows XP』『Windows Vista』の各種サービスパックに加えて、『Windows Server 2000』『同 2003』『同 2008』など、Windows の様々なバージョンが対象となっている。

先行情報に掲載された内容を分析したセキュリティ対策企業 Lumension はこの点に注目している。

Lumension でソリューションおよび戦略担当ディレクタを務める Don Leatham 氏は、取材に答える Eメールの中で「今月の月例更新で最も注目すべきは、Windows Vista に存在する4件の脆弱性に対応するという点だ。『Windows 7』『Windows Server 2008 R2』の製造工程向けリリース (RTM) 版が8月にリリースされたことを考えると、これは興味深い状況だということが言える」と述べ、次のように説明した。

「Windows Vista と Windows 7 は、かなりの量のコードを共有しているため、今回のセキュリティ情報のうちいくつかは Windows 7 や Windows Server 2007 R2 にも関係するはずだ。しかし、Microsoft が3日に公開した先行情報では、その点に触れていない」

また、Web サーバー ソフトウェア『Internet Information Services』(IIS) の比較的古いバージョンに存在する「緊急」の脆弱性についても、今回の月例更新で対応するかどうか明らかではない。同脆弱性については、1日にセキュリティ勧告が公開されている。
【関連記事】
ラップトップには Windows 7 センサー API で使えるセンサーがいっぱい付いている!
Microsoft、『Windows 7』ベースの組み込み用 OS の CTP を発表
『IIS』の FTP サービスに未対応の脆弱性見つかる
『Windows Mobile 6.5』搭載端末、10月6日に発売へ
ad:tech Tokyo 開幕、「XBox の“Natal”を広告にも」―Microsoft Advertising の Howe 氏がキーノート講演

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites