Technology

テクノロジー

東芝ソリューション、数十 TB XML データを処理できる「TX1 V3」を販売

japan.internet.com 編集部
2009年6月11日 / 16:10
 
東芝ソリューションは2009年6月10日、スケーラブル XML DB「TX1 V3」の販売を開始した。

TX1 V3 は、分散配置した XML データの並列検索で、数十 TB の大容量データを高速に検索できる。今後同社は、ドキュメント管理システムや部品管理システムなど、大容量 XML データを扱うシステムの中核商品として提案していく意向。

TX1 は「スキーマアナライザ技術」や「クエリオプティマイザ技術」による TB 級 XML データの高速検索が特長。今回のリリースでは、新開発の分散並列検索技術「Distributed Parallel Search」(DPS)により、数十 TB 級の大容量 XML データを高速処理できるようになった。

DPS では、検索や更新などを行う DB サーバー「TX1 サーバー」を複数管理する「TX1 コーディネータ」から、同時かつ並列に指示を出すことにより、分散した XML DB を高速検索できるようになった。

また、TX1 コーディネータは既存の TX1 サーバーを統合管理する機能があり、既存の TX1 DB を統合するデータ統合の基盤としても活用でる。

さらに、今回の V3 は従来バージョン(V2)と比べて、DB サイズを最大40%縮小し、データの登録性能と検索性能を最大2倍高速化し、基本性能も大幅に向上した。

業務で発生するドキュメントや部品情報、顧客との交信記録は、企業情報の約8割を占めると言われている非定型データだ。XML はこの非定型データを扱える柔軟なデータ構造を持つが、従来の XML DB はデータが増大するにつれ、検索が遅くなる、という問題があった。

1CPU ライセンス価格は472万5,000円(総額)、コーディネータ 1CPU ライセンス価格は630万円(総額)。


TX1 V3 の Distributed Parallel Search による検索イメージ
TX1 V3 の Distributed Parallel Search による検索イメージ



DPS 構成のデータ容量と検索処理時間例
DPS 構成のデータ容量と検索処理時間例
【関連記事】
XML DB の Cyber Luxeon、マンション住人向け SNS サイトのデータ分析に採用
東芝、米 IBM と共同で放送用 HD 映像システムを 2009 NAB に出展
東芝ソリューション、デパートなどの資生堂コーナーへ CSS を導入
サイバーテック、NeoCoreXMS を翔泳社 SEshop.com からオンライン販売
日本総合システムとサイバーテック、Web カタログパッケージで協業

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites