Technology

テクノロジー

日本ユニシスのクラウド型データセンターにシスコの Data Center 3.0 ソリューションが採用

japan.internet.com 編集部
2009年3月19日 / 11:00
 
シスコシステムズ合同会社は2009年3月18日、日本ユニシス株式会社が、SaaS ビジネスを展開するためのネットワーク基盤に、Data Center 3.0 ソリューションを採用したことを発表した。

日本ユニシスでは、2008年1月に SaaS ビジネスへの本格参入のための準備室を設置。同年7月にクラウド型データセンターを構築し、10月から SaaS 型サービスの提供を開始している。

日本ユニシスは、クラウド型データセンターの構築において、機敏なサービス提供、運用コストの最小化、高可用性の実現のためサーバーだけでなく、ストレージ、ネットワークも仮想化されている。

この仮想化されたネットワーク基盤を実現するため、Cisco Nexus 7000 シリーズをはじめとした、シスコの Data Center 3.0 ソリューションが採用されているという。

日本ユニシスが、Data Center 3.0 ソリューションを採用した理由としては、「大規模ネットワークの仮想化が可能」「10ギガビットイーサネットの高いポート密度」「極めて高い可用性」「最先端のテクノロジーを継続的に提供できる企業能力」などをあげているという。
【関連記事】
共通コードの未導入が日本の ICT 利活用を妨げている
UQ WiMAX は Cisco のホームエージェントで稼動中
日本ユニシス、インテル プロセッサ採用のエンタープライズサーバー中小型機「CS4080D シリーズ」を発売
日本ユニシスが「情報セキュリティ実装・運用評価サービス」を提供開始
地方自治体向けの新たな ICT サービス・ビジネス(SaaS 提供による)

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites