Technology

テクノロジー

メールのほぼ9割は悪意あるスパム―Panda Security の報告

japan.internet.com 編集部
2009年1月30日 / 13:50
 
Panda Security によると、2008年に企業が受信したメールのうち、約9割が悪意のあるスパムメールだったという。同社が2009年1月29日に明らかにした。

同社が昨年のメール総数4億3,000万通の email メッセージを分析したところ、約89.9%がスパムで、1.11%が何らかの種類のマルウェアに感染していたそうだ。

また、精力剤や製薬品などが最も多く使われた件名であった。2008年に流通した異なるタイプのスパムの内容に関しては、32.55%のスパムが製薬品関連で、精力剤関連は20.5%だったという。

最後の3か月間には30万1,000台のゾンビ PC が稼動さし、スパムが配布されていたそうだ。

なお、Panda Security が発表したデータは、同社のメールクリーニングマネージドサービスである「TrustLayer Mail」によって、2008年に4億3,000万通のメッセージを分析した結果とのことだ。
【関連記事】
「Let’snote」が「i-フィルター」を標準搭載、デジタルアーツ
クリアスウィフトと NTT データ・セキュリティが提携
マネーロンダリング担当の採用情報にご注意を―G DATA が警告
日本 HP が SSO の最新版「HP IceWall SSO 8.0 R3」
スパマーにとってもうれしいバレンタイン―Panda Security が警告

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites