Technology

テクノロジー

世界初、写真に動く被写体を合成できるデジカメ2機種を発表、カシオ

japan.internet.com 編集部
2009年1月16日 / 15:20
 
カシオ計算機は、2009年1月15日、“EXILIM”の新製品として、動く被写体を切り抜いて合成できる新機能「ダイナミックフォト」を搭載したコンパクトデジタルカメラ2製品を発表した。

「ダイナミックフォト」は、新開発 EXILIM エンジン4.0の高速画像処理により、20枚の連写画像から自動で被写体を切り抜き、別の背景画像に合成できる合成機能。

連写画像の中で動く被写体の切抜きが可能なので、背景画像の中で合成した被写体のみが動く写真を作成できる。

この「ダイナミックフォト」を搭載した新製品として「EXILIM ZOOM EX-Z400」と「EXILIM CARD EX-S12」が今回発表された。両製品とも2.3分の1型の 有効1,210万画素 CCD を搭載する。

「EX-Z400」は、96.9×57.6×23.0mm(最薄部21.1mm)のボディに、広角28mm、光学4倍ズームレンズを採用したモデル。3.0型液晶や CCD シフト方式の手ブレ補正を搭載。

カラーはゴールド(EX-Z400GD)、ピンク(EX-Z400PK)、ブラウン(EX-Z400BN)の3色。発売はゴールド、ピンクが1月23日、ブラウンが1月30日。

EXILIM ZOOM EX-Z400
EXILIM ZOOM EX-Z400


「EX-S12」は、94.2×54.6×14.9mm(最薄部13.8mm)のボディに広角36mm、光学3倍ズームレンズを採用したモデル。ディスプレイには2.7型ワイド液晶を採用。

カラーはシルバー(EX-S12SR)、ピンク(EX-S12PK)、グリーン(EX-S12GN)、ブラック(EX-S12BK)の4色。発売は2月下旬を予定。

EXILIM CARD EX-S12
EXILIM CARD EX-S12


なお、「ダイナミックフォト」の用途や、作例を紹介した「Dynamic Photo Special Site」が公開されている。
【関連記事】
キヤノンの一眼レフカメラが誕生50周年に――累計生産台数は5,000万台を突破
CIPA が2008年11月のデジタルスチルカメラ生産出荷実績を発表
カシオがブラジルに販売会社「Casio Brasil」を設立
デジタル一眼レフ「PENTAX K-m」の限定ホワイトバージョンを発売
オリンパス、防水・防塵・耐衝撃に加え耐低温性能を備えたデジカメ「μ TOUGH」を来春展開

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites