japan.internet.com
テクノロジー2008年10月20日 17:00

パナソニック、モバイル機器用直接メタノール型燃料電池システムの小型化を実現

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20081020/9.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
パナソニックは、2008年10月20日、体積当たりの出力を高めモバイル性を向上したモバイル機器用燃料電池システムを開発した、と発表した。

発表されたシステムでは、従来の「燃料供給方式」と小型高出力リチウムイオン電池技術、そして新たに、燃料電池の発電部分「スタック」の小型化技術、小型小電力の BOP(Balance Of Plant)を融合させた直接メタノール型燃料電池システムとなる。

同社では、同システムを採用したモバイル燃料電池システムとして、ノートパソコン用途タイプとマルチ充電器タイプの2タイプを試作。

新システムを採用した試作品では、従来の試作品と同じ平均10W、最大20W の出力を維持ながら、体積270cc と約2分の1の小型化を実現しているほか、燃料200cc あたり約20時間の駆動が可能となっている。

なお、これらの試作品は、10月22日〜24日に、福岡県北九州市で開催される「水素エネルギー先端技術展 2008」に参考出展される。

ノートパソコン用途タイプの試作品
ノートパソコン用途タイプの試作品


マルチ充電器タイプの試作品
マルチ充電器タイプの試作品
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.