Technology

テクノロジー

NVIDIA、OpenGL 3.0 API と GLSL 1.30 に対応したベータドライバの公開を開始

japan.internet.com 編集部
2008年8月21日 / 15:30
 
NVIDIA は、2008年8月14日、クロスプラットフォームの 3D グラフィックス規格である最新の OpenGL 3.0 を Khronos Group が発表後、同規格に対応したベータドライバを公開した。

最新のドライバは、特定の GeForce/Quadro ボードに対応し、Windows XP と Windows Vista の両方で OpenGL 3.0 API と GLSL 1.30 のシェーディング言語を実装する。NVIDIA は今後、定期的なドライバ開発プログラムの一環として、OpenGL 3.0 向けの汎用ドライバを公開するという。

ベンダー非依存のオープン規格である OpenGL は、業界で最も広く使用・支持されているプログラミング インターフェイスであり、Windows、Linux、Mac OS を含む主要コンピュータ プラットフォームに対応している。

OpenGL は Khronos Group が管理を行っており、最新の3.0バージョンには、3D グラフィックス アクセラレーション向けのクロスプラットフォームなオープン規格の機能性、柔軟性、パフォーマンスを高める新機能が多数搭載されている。

新機能には、バーテックス アレイ オブジェクト、バーテックス バッファ オブジェクト、32bit 浮動小数点テクスチャ、レンダー/デプスバッファ、新しいテクスチャ圧縮スキーム、sRGB フレームバッファ、シェーディング言語のアップグレードが含まれる。
【関連記事】
ハイパフォーマンスノート「m-Book P650」シリーズを発売、マウスコンピューター
NVIDIA、「nForce 200 SLI MCP」により「Bloomfield」で SLI を実現
NVIDIA、GPU/MCP 製品の不具合と業績見通しの下方修正を発表
NVIDIA、『Tesla』シリーズの新モデルを発表
NVIDIA、Tesla の新シリーズを発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites