Technology

テクノロジー

『Fedora 10』の新機能が明らかに

Sean Michael Kerner
2008年8月20日 / 11:50
 
 
Red Hat の『Linux』開発は将来どのように展開するのだろうか? 同社の Linux ディストリビューションである『Fedora 10』のリリースに搭載されるいくつかの新機能がそのヒントとなるかもしれない。

現在、8月末のフィーチャーフリーズ (実装すべき機能の確定) に向けて初期開発の段階にある Fedra 10 には、音声、パッケージング、ネットワーク、セキュリティなど、各機能の向上を目指した多くの改良点が盛り込まれている。

Red Hat は、新しく発展中の技術を取り込むことで Linux の限界に挑戦し続けており、Fedora 10 の開発もそのような取り組みの一環だ。Fedora によって培われた技術が、同社の旗艦製品である『Red Hat Enterprise Linux』(RHEL)に採用されることも多く、Fedora はRed Hat にとって重要な役割を果たしている。

Fedora 10 で現在試験中の機能の1つが、新しいネットワーク接続共有機能だ。Red Hat で Fedora のプロジェクト リーダーを務める Paul Frields 氏によれば、この機能によりアドホック ネットワークの構築が可能となり、そのネットワーク内では、1人のユーザーがインターネットへのライブ接続を他のユーザーと共有できるようになるという。

そのほかにも試験中の新機能として、遅延のない再生を実現するため、Fedora 内のオーディオシステムを大幅に書き換えた『Glitch-Free Audio』がある。Glitch-Free Audio 以前のオーディオシステムでは、システムの負荷によって音声に乱れが生じることもあったと、Frields 氏は述べている。

また、Red Hat はここ数年、パッケージ管理システムとして自社で開発した『RPM』を採用しているが、Fedora 10 では、その最初の大型アップグレードとなる『RPM 4.6』が初めて採用されると見られている。RPM は、Red Hat、『Mandriva Linux』や Novell の『SUSE Linux』などで採用されている主要な Linux パッケージ管理システムだ。当初は『Red Hat Package Manager』の略だったが、その後『RPM Package Manager』を表わす再帰的頭字語となった。

また、Fedora は、システムのセキュリティ向上に役立つ新しいセキュリティ監査ツール『secTool』を備えている。

secTool の重要な特長の1つは、拡張可能なフレームワークであるという点だ。したがって、開発者はセキュリティ プラットフォーム用に独自のテストを作成することができる。たとえば、ユーザーが特定の欠陥を見つけ出そうとしている場合、そのためのテストを作成することが可能だ。
【関連記事】
誕生から15年を迎えた『Debian GNU/Linux』
『Ubuntu』を後援する Canonical が Linux Foundation に正式加盟
VMware が Linux Foundation に参加
ACCESS、NTT ドコモとオペレータパックの基本仕様作成に関する契約を締結
日本 HP と TIS が OSS BPM で協業、低価格で高品質な BPM システムを

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites