Technology

テクノロジー

店舗の定量的データを測定、Infosys の『ShoppingTrip 360』

Kenneth Corbin
2008年8月1日 / 12:00
 
 
インドを本拠とする IT サービスおよびコンサルティング会社の Infosys Technologies は7月31日、小売事業者向けの無線センサーシステム『ShoppingTrip 360』を発表した。このシステムは、小売事業者が店舗全体に設置し、買い物客の流れなどを監視し、客の興味の対象を記録するためのものだ。Infosys は、従来型店舗で Eコマースと同等の定量的データを引き出すという大胆な目標を掲げている。

「店舗を Web のようにすることが狙いだ。店舗状況がはっきり認識できるようにすることで、現実世界のインターネットを構築しようと試みている」と、Infosys の販売、マーケティング、改革担当グローバル責任者を務める Sandeep Dadlani 氏は取材に対して述べている。

オフライン小売環境を「認識」できるものにするために、Infosys は技術チームを派遣し、商品棚、エンドキャップ、ディスプレイ、ショッピングカートといった店舗内のいたるところに無線センサーを配置する。

ネットワークが配備されたら、ShoppingTrip 360 により、買い物客の流れを示すヒートマップなどの店舗内の状況に関するレポートを、小売事業者や一般消費財 (CPG) 企業に提供する。

商品自体にセンサーは埋め込まれないが、センサー付きの棚に陳列されることから、在庫の減り具合もレポートできる。さらには、もっとも買い物客の目に付きやすい棚前面にある「一押し」商品について、棚に置かれている時間の長さなどを報告することも可能だ。

ShoppingTrip 360 の設置は無料で、料金は、サービスやレポートの提供に対して発生する。Dadlani 氏によれば、レポート内容の詳細度によって、何段階かの契約オプションが用意されるという。
【関連記事】
日立、24時間連続で脈拍を測定・記録できるリストバンド型無線センサー
ノード約2万個の XMesh プロトコルによる無線センサーネットワーク稼動
サン、無線センサーネットワークデバイスを教育機関向けに限定発売
横河電機、無線 IC タグで作業員の位置・姿勢・移動速度を把握可能に
どんなパソコンでもタブレット PC にしてしまう「NAVISIS」

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites