Technology

テクノロジー

Web サイトを次々に変更し海賊版販売、再犯の男性ら2人を逮捕――ACCS が報告

japan.internet.com 編集部
2008年6月6日 / 16:10
 
コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2008年6月6日、山形県警村山署が本部生活環境課と情報管理課の応援を得て、2008年6月5日、ヤフーオークションや自作のホームページを悪用し、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを販売していた千葉県八千代市の無職男性A(36歳)を、また、6日に千葉県習志野市の無職男性B(36歳)を、それぞれ著作権法違反の疑いで逮捕したと発表した。

男性A、Bは、2007年9月10日ごろ、Microsoft が著作権を有する「Microsoft Office Professional Edition」、「Windows Vista Ultimate」をそれぞれ権利者に無断で複製し、山形県村山市の男性に対し、合計4,000円で販売していた。

男性らは、ヤフーオークションの出品画面に、「廉価版をご購入希望の場合」として別サイトへのリンクを貼り、男性らが運営する海賊版販売ページへ誘導していた。

ACCS の調査によると、男性らは、「ジャパネットおかま」、「エムズナルド」、「ONEOS」など複数のサイトを短期間で次々に運営・休止し、海賊版販売を行っていた。商品を購入した一般の人が、山形県警へ情報提供し、情報を受けた山形県警捜査員が ACCS を通じて著作権者へ連絡した。

ACCS には、2007年8月から2008年5月までの約9か月間で、「ジャパネットおかま」については168件、「エムズナルド」については29件の情報が一般の人より寄せられていた。 

なお男性Aは、2006年10月17日に同様の著作権侵害事件で警視庁本所署に逮捕されており、2007年12月21日、東京地裁にて懲役1年執行猶予3年、罰金30万円の有罪判決を受けている。
【関連記事】
海賊版対策と広告収入問題に悩むオンライン テレビ
ネットオークションを通じて海賊版販売、無職男性を逮捕〜ACCS が報告
自作サイトを通じて海賊版を販売、男性を逮捕〜ACCS が報告
フリースケール、名古屋品質・テストセンターを拡張
「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」を設立〜ACCS が報告

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites