Technology

テクノロジー

JNSL、台湾 Quanta Computer 製 QSSC ブランド製品を日本で本格的に販売開始

japan.internet.com 編集部
2008年4月16日 / 13:50
 
株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ(JNSL)は、2008年4月16日、台湾 Quanta Computer が製造する QSSC(Quanta Server Strategic Coalition)ブランド製品の本格販売を開始すると発表した。

販売されるのは、1Uサーバー(Intel、AMD CPU)から7Uブレードサーバーまでのサーバー製品群、1Gbps・10Gbps イーサネットスイッチ、組み込み機器向けのマザーボード。

JNSL は、QSSC ブランドの日本総代理店として、QSSC ブランド製品の販売拡大とともに、OEM 販売も行う。

QSSC ブランド製品は、Quanta が独自に開発した KVM-Over IP チップ「AST2000」をマザーボードに組み込むことによって高度なサーバー管理を実現する。

AST2000 は、通常の KVM 機能に加え、OS やプログラムのインストール、各種パッチ作業などのリモートコントロール機能を持ち、高速な TCP/IP 処理機能でメイン CPU への負担を取り除く。

また、VGA 処理機能によって立ち上り初期画面から監視できるため、障害原因の追究に役立つ。PC サーバーに取り付けたカメラ画像を伝送することも可能だ。

購入後の CPU アップグレードサービスも提供され、低コストでの性能向上と産業廃棄物の削減推進を実現する。

保守体制も充実しており、日本では JNSL が各モデルに対し、3年間の継続販売と販売終了後5年間の保守、QSSC サポートセンターにおける24時間365日オンサイト保守体制なども提供される。
【関連記事】
アプリックスの JBlend が台湾 Quanta の 3G 携帯電話に採用
YSOL、米国 Opengear オープンソース IP ベースの KVM 製品を販売
オープンソースハードウェアの Opengear
Opengear、オープンソース IP ベースの遠隔 KVM 製品を発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites