Technology

テクノロジー

日本 HP、中堅・中小規模向けストレージ新製品を発表

japan.internet.com 編集部
2008年4月15日 / 16:20
 
日本 HP は2008年4月14日、中堅・中小規模顧客向けストレージエリアネットワーク(SAN)市場にフォーカスした2つの戦略製品を発表した。

ここ数年、中堅・中小規模市場は急激な成長を見せており、IDC の予測では、2006年〜2011年の国内、外付型オープンシステム ディスクストレージシステムの年平均成長率は5.5%、うちシステム価格500万円未満の価格帯は10.2%の高い成長率が予想されている。

日本 HP の「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)ファミリ」の出荷台数も、前年度比50%増となっているという。

今回発表された「HP StorageWorks Modular Smart Array 2000」(MSA2000)と、「HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array」(EVA4400)の2製品は、この中堅・中小規模市場に向けた製品となっている。

「MSA2000」は、初めて SAN 製品を利用するユーザーが簡単に、低コストで導入できるよう設計されたエントリディスクアレイ製品。

Serial Attached SCSI(SAS)/Serial ATA(SATA)ディスクをサポートし、ファイバチャネル(FC)または iSCSI 接続に対応する。

FC 対応の「MSA2012fc」は92万4,000円、iSCSI 対応の「MSA2012i」は74万5,500円(各税込、最小構成)。出荷開始予定は4月下旬となっている。

HP StorageWorks Modular Smart Array 2000


「EVA4400」は、EVA ファミリの仮想化機能による管理のしやすさを持ち、エントリクラスの価格で中堅・中小規模顧客の SAN 導入を促進する戦略製品。

価格は最小構成で341万7,750円(税込)、出荷開始は4月中旬を予定している。

HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array


新製品の発表と同時に既存製品の値下げを実施。例えば、「HP StorageWorks SAN スイッチ4/8 ベースモデル」は、従来価格84万円から60万9,000円に27.5%値下げされる。

また、日本 HP では、パートナー企業による中堅・中小規模市場の開拓・拡大の推進のため、EVA 販売パートナー各社に対し、販売支援やトレーニング支援など体系化して提供する「HP StorageWorks EVA パートナープログラム」(EVA パートナープログラム)を展開していくとしている。
【関連記事】
Google、Eメール ストレージ サービスをオンラインで提供
IBM、メディア企業向けのストレージ環境評価サービスを発表
IBM、電池1個で何週間も動作、何十年も使用できる大容量ストレージの可能性を示唆
EMC、念願叶って Iomega 買収へ
パラゴン、ストレージ管理統合ユーティリティ「Paragon Storage Manager 2008 Server」を発売

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites