Technology

テクノロジー

サイバーエージェント、H3C のスイッチ製品を採用〜ネットワーク構築の初期費用を大幅に削減

japan.internet.com 編集部
2008年3月19日 / 17:50
 
H3C テクノロジージャパン株式会社は2008年3月19日、同社スイッチファミリの2シリーズが Blog メディア「Ameba(アメブロ)」の運営会社である株式会社サイバーエージェントに採用されたと発表した。

今回採用されたスイッチ製品は、H3C S5100シリーズおよび、H3C S5600シリーズイーサネットスイッチの2シリーズ。H3C S5100シリーズイーサネットスイッチは、ギガビットイーサネットスイッチ製品で、高密度 GE ポート、10GE アップリンク、その他サービス機能、QACL 機能を提供する。

H3C テクノロジージャパン株式会社
営業本部長 山本 憲氏
H3C S5600は、スタック機能である「IRF」を搭載した10GbE アップリンク対応レイヤ3 ギガビットイーサネットスイッチであり、可用性と拡張性も高く、ギガビットイーサネットネットワークのアクセスレイヤあるいはアグリゲーションレイヤでも使用できる。

H3C の営業本部長、山本 憲氏は、「H3C は、ローエンドからハイエンドまでのスイッチ、ルーター製品を揃えている。今回サイバーエージェントが導入した、H3C S5100、および H3C S5600は、10GE ポートにより低コスト・高パフォーマンスを実現しており、価格は当初導入していた製品の約半額程度となる。また、H3C テクノロジージャパンは、24時間365日、24時間以内対応、リモートモニタリングサービスといった充実したサポート体制を整えている」と述べた。

株式会社サイバーエージェント
新規開発局 インフラグループ 吉川 出氏
サイバーエージェントの新規開発局 インフラグループ、吉川出氏は、「H3C のスイッチ製品は品質が高く、コストパフォーマンスも非常に優れている。今回、導入を決定するにあたり、ファンレスで動作環境45℃対応が決め手となった。また、大量にスイッチ製品を設置するため、H3C 製品の低消費電力仕様が、従来製品よりも運用コストの削減を実現する。また、RMA(Return Material Authorization)率、DOA(Dead On Alival)率が 共に0.1%という数字が示すとおり、初期不良を含め、機器障害に起因する不具合がほとんどなかったことに驚いた」と述べた。

サイバーエージェントのネットワーク基盤には、H3C S7500E シリーズのハイエンドマルチサービススイッチの導入も決定しており、2008年4月から稼働する予定とのこと。H3C S7500E シリーズは、高性能、高密度ポート、優れた柔軟性といった特長があり、エンタープライズネットワーク、キャンパスネットワーク、教育機関ネットワークではコアレイヤとして、キャリアIP MANでは集約レイヤとして、データセンターではアクセスレイヤとして利用できる。
【関連記事】
アメブロ、動画投稿もできる Ajax 対応掲示板サービス「アメばた会議」を開始
ノーテル、滋賀医大附属病院のネットワークシステムを構築
サイバーエージェント、株式会社プーペガールを設立
マイクロアド、個人向け行動ターゲティング広告「BT パートナー」を開始
マイクロアド、行動ターゲティング広告配信技術の提供を開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites