Technology

テクノロジー

NEC、画像を5つの撮影シーンに分類、最適な補正をする新技術

japan.internet.com 編集部
2007年12月3日 / 17:30
 
NEC は3日、画像データを「人物」や「風景」など5つの撮影シーンに分類し、各シーンに最適な補正を行う自動高画質化技術を開発したことを発表した。特別な LSI が不要なため、PC、サーバー、Web 向けの画像処理アプリケーションだけでなく、携帯電話や PDA などの小型端末などでも利用可能だ。

新技術に搭載されるシーン分類エンジンにより、まず、画像データを「人物」、「風景」、「夜景」、「花」、「オート」の5つの撮影シーンに分類する。各シーンに対し、好ましい色再現、彩度、コントラスト、シャープニングなどの補正処理を適用し、最適な画質補正を実現する。

人物の画像の場合は、さらに顔検出エンジンを使い、検出された顔領域の色情報から、撮影シーンの照明色を推定する。推定された照明色を人間の色順応(人の目が照明光の色に慣れてくる反応)を考慮して補正することで、画像全体のカラーバランスを調整し、顔の好ましい色再現や逆光状態なども的確に補正する。

この技術は、NTT ドコモから11月28日に発売された携帯電話「N905i」に搭載されている。
【関連記事】
NEC、現場のワークスタイルを革新する「UNIVERGE」でセキュリティとモバイル強化
ドコモ、法人向けカメラ無しモデル「N905iBiz」を開発
NEC、中小の部門サーバー集約に最適な1way オフィスラックサーバー上位モデル
NEC、仮想化に最適なクアッドコア CPU 搭載の2way ラックサーバー2機種
StarOffice X シリーズに Movable Type Enterprise 4 が採用

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites