Technology

テクノロジー

インテル、Itanium プロセッサー7製品を発表

japan.internet.com 編集部
2007年10月31日 / 13:50
 
インテルは、2007年10月31日、新しいデュアルコア インテル Itanium プロセッサー 9100番台7製品を発表した。Itanium 9100番台は第6世代の Itanium 製品であり、Itanium 製品は、3世代先の製品まで開発が進められている。

Itanium 9100番台は、プロセッサーコア内で起こるエラーの検出を確実に行うことで、データの完全性とアプリケーションの信頼性を向上させる技術「コアレベル ロックステップ」により、ミッション クリティカル分野へのサポートを強化。

コアレベル ロックステップは、既存のソケットレベル ロックステップ技術と組み合わされ、コアとソケットそれぞれにおける演算結果の一貫性を保証することで、さらなる信頼性、可用性、サービス性(RAS)を実現する。

また、新機能である「デマンド ベース スイッチング(DBS)」は、サーバーの利用が低い時における電力消費を削減することで、エネルギーコストを低減する。

Itanium 9100番台は、最大 1.66GHz の動作周波数、667MHz のフロントサイド・バス(FSB)を備え、104W 内での消費電力で動作する。2つのプロセッサーとチップセットが同じバスに搭載された3ロードバスにより、エンタープライズおよび HPC での使用で、能力を発揮する。

Itanium 9100番台はまた、Transitive や SWsoft といった開発元から、仮想化のサポートを受けている。

6種類のデュアルコア、および1種類のシングルコア インテル Itanium プロセッサー 9100番台は31日に出荷開始。ロックステップ機能付きモデルは2008年第1四半期から出荷開始の予定。

各製品の特徴は以下。

「9150M」は、動作周波数 1.66GHz、667MHz システムバス、24MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は42万900円。

「9150N」は、動作周波数 1.6GHz、533/400MHz システムバス、24MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は42万900円。

「9140M」は、動作周波数 1.66GHz、667MHz システムバス、18MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は22万5,700円。

「9140N」は、動作周波数 1.6GHz、533/400MHz システムバス、18MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は22万5,700円。

「9130M」は、動作周波数 1.66GHz、667MHz システムバス、8MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は17万6,900円。

「9120N」は、動作周波数 1.42GHz、533/400MHz システムバス、12MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は10万3,700円。

新製品中唯一のシングルコア製品「9110N」は、動作周波数 1.6GHz、533/400MHz システムバス、12MB オンダイ L3 キャッシュ搭載。価格は7万9,300円。
【関連記事】
Intel、『Itanium』プロセッサに引き続き注力
ISA と MS、Windows Server 2008対応ソリューション検証サポートプログラムを開始
Intel の『Itanium』に対する意欲は未だ衰えず
NEC、デュアルコア Itanium 2 を搭載した HP-UX 対応ブレードシステム
日立、Intel Itanium 2 搭載のエントリーサーバーを3月5日販売開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites