japan.internet.com
テクノロジー2007年10月12日 12:00

YouTube からの招待メールを装うスパムメールが急増

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20071012/10.html
著者:Andy Patrizio
海外internet.com発の記事
口コミを活用して情報を広げるという YouTube の特性が、当の YouTube やインターネット利用者を悩ませている。スパム業者が YouTube の「友達招待」機能を利用して、ジャンクメールを大量に送りつけているのだ。

Eメールとインターネット コンテンツのセキュリティを手がけるイギリス企業 Marshal の TRACE 部門は5日、スパム業者が YouTube の「友達招待」機能を利用して大量のスパムを送信していると警告した。これらのメッセージは差出人が「service@youtube.com」となっている。

このメッセージは一見、本物の YouTube から来た招待メールのようだが、実際には、株価操作を助長したりスパム業者の Web サイトに誘導したりするなど、その内容は典型的なスパムメールだ。これらのスパムのほとんどが、最近発売された Microsoft の『XBox 360』向け人気ゲーム『Halo 3』をおとりの餌に使っており、Halo 3 が当選したのでメールに記載の Web サイトにアクセスするよう誘いかけている。この罠にひっかかってこのサイト「winhalo3.com」にアクセスすると、8月以来勢いを増している『Storm』ワームに感染してしまう。

セキュリティ企業の Sophos も8月当時、サイバー犯罪者が YouTube のビデオへのリンクを装ったジャンクメールを送信していると警告していた。これは、だまされやすい人がメールに掲載されたリンク先をクリックすると、その人のコンピュータが Storm ワームの変種の1つに感染するという仕組みだった。

Marshal の製品管理担当ディレクタ Bradley Anstis 氏は今回の警告の中で「スパム業者がこのようなことを行なっているのは、スパムフィルタをかわそうとするためだ。また、全く問題のない Eメールアドレスからのメッセージに見せかけて、受信者の警戒心を緩める狙いもある」と述べている。同氏はさらに「YouTube のヘルプセンター自体が、『service@youtube.com』という Eメールアドレスをスパムフィルタから除外するように勧めている。スパム業者はこうした穴を見逃さない」と指摘した。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.