japan.internet.com
テクノロジー2007年9月18日 17:00

G DATA、ステルスウェア対応ウイルス対策ソフトを今冬販売

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20070918/4.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
ドイツ IT セキュリティ企業 G DATA Software 日本法人、 G DATA Software は2007年9月14日、 ステルスウェアを検出/隔離/削除するウイルス対策ソフトウェア「G DATA AntiVirus 2008」の販売を今冬に開始する、と発表した。

ステルスウェアは不可視型監視ソフトウェアで、 コンピュータの挙動を外部からすべて監視できるソフトウェアのうち、 インストール形跡や監視を隠蔽できるものを指す。

同社では、 スパイウェアを逆利用した、 犯罪捜査などに使用される「当局が仕掛けるトロイの木馬」に対しても、 他のトロイの木馬と同様にウイルスとみなし、 ワクチンを提供している。

また、 本人に気づかれずに PC の挙動を全部監視、 記録するキーロガーのような市販ソフトウェアに対しても、 ステルスウェアとしてワクチンを提供することにした。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.