Technology

テクノロジー

Wind River、ハードリアルタイム技術『RTLinux』を獲得

Sean Michael Kerner
2007年2月21日 / 11:10
 
 
組み込み機器用プラットフォーム ベンダーの Wind River Systems (NASDAQ:WIND) は20日、Finite State Machine Labs (FSMLabs) からリアルタイム『Linux』技術『RTLinux』を買収したと発表した。この技術買収は、組み込み機器用リアルタイム OS ベンダーとしての地位強化を狙ったものだ。買収金額は明らかになっていない。

RTLinux は、プロプライエタリなハードリアルタイム型の組み込み機器用 Linux で、Wind River をはじめ、MontaVista SoftwareNovellConcurrent Computer などが展開するリアルタイム Linux とある程度の競合性を持つ。

今回の技術買収により、Wind River は RTLinux に関連するすべての知的財産を FSMLabs から獲得した。ここで言う知的財産には、RTLinux の特許、著作権、商標、関連する製品の権利が入る。また FSMLabs から4人ないし5人程度のエンジニアも、Wind River に移籍する。

Wind River は RTLinux 獲得で、ハードリアルタイム機能を自社製品ラインに組み込めるようになったが、同社 Linux プラットフォーム担当ディレクタ Glenn Seiler 氏は、Linux コミュニティのリアルタイムパッチについて、それはハードリアルタイムではなくソフトリアルタイムだと指摘した。ソフトリアルタイムとは、統計的にリアルタイムな応答性があるといった性質のもので、開発者は特定の時間パラメータの範囲内で応答を得られるものと理解している、と Seiler 氏は説明した。

これに対してハードリアルタイムは、応答時間を保証しており、その点が両者の違いだという。

RTLinux では、Linux カーネルの前段階の階層として小規模な実行部分を持たせることで、ハードリアルタイムを実現すると Seiler 氏は説明した。具体的にはハードリアルタイムで応答するため、ハードウェアから発生した割り込みは、Linux カーネルより先にリアルタイム実行部分で処理する。ただし RTLinux は、主流の Linux カーネルが提供するリアルタイム技術と異なり、プロプライエタリ技術でオープンソースではない。

なお Wind River は、オープンソースのコミュニティが推進するリアルタイム Linux について、サポートの取り組みをやめるわけではない。同社は2006年7月から、コミュニティが推進するオープンソースのリアルタイム Linux に基づくリアルタイム Linux プラットフォームを提供している。
【関連記事】
Wind River PCD Linux エディション、TI の OMAP2430 サポートへ
ウインドリバー、VxWorks などの12月の機能強化に関して説明
Wind River、『Linux』プラットフォーム3種の最新版リリース
米オブジェクト指向 DB ベンチャーに Wind River 創設 CEO が投資
ウインドリバー、製品の市場出荷後も監視/解析するツールを

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites