Technology

テクノロジー

テレコムスクエア、受信手段を選ばない世界規模の危機管理同報システムを開発

japan.internet.com 編集部
2007年1月31日 / 15:10
 
携帯電話や SIM カードなどのレンタル・販売・コンサルティングを行うテレコムスクエアは2007年1月30日、 法人企業向けに、 日本初の(同社による)世界規模の危機管理同報システム「Global Cast」の販売を2月1日から開始する、と発表した。

インターネット環境があれば導入できる ASP サービスで、 電話・メール・FAX など受信手段を選ばずに一斉同報でき、 日本国内のみならず海外にも対応している。

Global Cast は、 NTT データの技術協力を得て同社が開発したもので、 音声合成技術を活用して、メールや FAX 以外に音声でも連絡できる。 連絡先を最大で3つまで登録でき、 自動的に追いかけて連絡する。

また、 その到達率をリアルタイムで確認、 到達していないユーザーには再度配信できる。

これにより、 企業の管理者は複数の手段を使った個別での連絡の必要がなくなるため、 連絡にかかる時間や手間を削減できる。

利用料は、 契約事務手数料が 1ID あたり500円、 月額基本料金が 50ID までは一律1万円、 配信料金が1回あたり20円から。

開発の背景には、 日本企業の海外事業展開が活発化したこと、 それにより、 テロや自然災害など緊急時の一斉同報や安否確認の仕組みが必要になったこと、 などがあげられる。
【関連記事】
NTT コムウェアと百貨店、電子タグ貼り付けコストを削減する「ソースタギング」実験
NTT データ、空港手続きの電子化に関する実証実験へ参加
3次元表示が可能な「SpaceBrowser」、「東北歴史博物館」のイベント案内に利用
NTT ドコモ、おサイフケータイ向け「iC お引っこしサービス」を提供
NTT コムウェアの「デジタルペンゲートウェイ」、Anoto Components 方式に対応

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites