japan.internet.com
テクノロジー2006年7月3日 09:00

オープンソースは肉体も救う

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20060703/11.html
著者:Sean Michael Kerner
海外internet.com発の記事
Microsoft は同意しないかもしれないが、オープンソースのソフトウェアは多くの場合、IT 運用における厄介ごとを緩和してくれる。しかしそればかりではなく、健康障害の緩和にも役立つ。

IT に従事する人々の多くは、非人道的なほど長い時間をコンピュータに縛られて費やしている。キーボードで文字を打ち込み、スクリーンを凝視し、まるで根が生えたように何時間も椅子に座ったまま過ごす。

じっと動かない状態とキーボードおよびマウスの反復的な操作の組み合わせは、明らかに人体に害をもたらす致命的なものだ。反復性ストレス障害 (RSI)、腱鞘炎、手根管、あるいは単純に背中や首の痛みなど言い方はさまざまだが、問題は現実的で、命にかかわる危険性さえある。

症状を何と呼ぼうと、RSI 関連の障害は、回避も予防も可能だ。重要なことは、人間工学に基づく作業環境を用意することにある。

まずは、キーボード、マウス、モニターに対して適切な位置に座ることが最初のステップだ。体に与えるストレスを軽減するよう、人間工学的に優れた設計のキーボードとマウスを用意することも良い考えだ。

人間工学に配慮したマウスやキーボードといえば、Microsoft 製品が有名だ。もちろんハードウェアだけでは十分と言えない。しかし Microsoft もそれは承知しており、同社のハードウェアサイト内では、コンピュータを使う上で健康障害を回避するための資料を公開している。

しかし、休憩やストレッチをするタイミング、エクササイズの指導、キーボードとマウスを使った作業時間、こうしたことを自動的に教えてくれるソフトウェアがあれば、非常に便利だろう。

幸運なことに、そのようなソフトウェアは存在する。さらに素晴らしいことに、この種のアプリケーションで恐らく最良のものが、オープンソースとして無料で手に入る。

RSI 予防アプリケーション『Workrave』は、『GPL』ライセンスのソフトウェアで、インストールや設定も容易に行なえる。同ソフトウェアには、『Windows』版と『Linux』版がある。同ソフトウェアでは作業時間について、単に操作の手を休める小休止周期、RSI 防止エクササイズ (10種の運動を視覚的に提示する) と組み合わせる休憩周期、1日の総コンピュータ作業時間制限という3種を用意し、それぞれ通知してくれる。これらの時間はカスタマイズ可能で、さらにはどの程度休憩指示を無視したかも記録する。

ほかにも、マウスやキーボードの操作量を見ることが可能だ。

Workrave の開発者 Raymond Penners 氏は、次の『Workrave 2.x』シリーズに向けて、将来の仕様拡張に備えたソースコードの手直しや、(ネットワーク処理およびエクササイズなどの) 機能を切り分けプラグイン化するなど、いくつかのアイデアを考えている。

それが実現すれば、Penners 氏は自動マウスクリック機能など、別の機能を組み込むことができる。Workrave 2.x シリーズの予定リストには、可能ならばもっと 3D アニメーション化したエクササイズをさらに増やすことや、統計の細目化、そして統計情報を中央サーバーに格納することなどが上がっている。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.