Technology

テクノロジー

Core マイクロアーキテクチャー採用のデュアルコア Xeon 5100番台

japan.internet.com編集部
2006年6月26日 / 17:10
 
インテルは、2006年6月26日、量産型のサーバー、ワークステーション、通信、ストレージおよび組み込み市場分野に向け、「デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5100番台」(開発コード名:Woodcrest)を発表した。

世界中で、150社以上のメーカーから、同製品を搭載した200機種以上のサーバーやワークステーションの販売が予定されている。

また、日本国内においても、主要システムメーカーおよびチャネル企業各社が、デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5100番台を搭載したサーバーとワークステーションを、順次製品化する計画。

デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5100番台は、インテル Core マイクロアーキテクチャーを採用した、初めてのプロセッサー。Core マイクロアーキテクチャーは、電力効率に特化した設計デザインで、インテルの前世代のサーバープロセッサーと比較して、最大135%の性能向上と40%の消費電力削減を実現するとされる。

製造プロセスは 65nm 。インテルの「Bensley」サーバーおよび「Glidewell」ワークステーションプラットフォームにおけるソケット互換性を持つ。

最大 3GHz で動作し、1333 MHz システムバス、両コアからアクセス可能な 4MB 共有型L2キャッシュを搭載する。

今回出荷される 3GHz の製品は熱設計電力(TDP)が 80W だが、他の動作周波数の製品は 65W。今年第三四半期には、動作周波数 2.33 GHz 、TDP 40W の低電圧版が出荷される予定。

また、この新製品のベースとなっている、インテル Core マイクロアーキテクチャーは「Core 2 Duo」というブランド名で今後製品化が予定されている、ノートブックおよびデスクトップ製品の基盤にもなる。

「インテルワイド・ダイナミック・エグゼキューション」により、各コアは14段階のパイプラインを使って命令を最大4つまで同時実行できる。

「インテル アドバンスト・スマート・キャッシュ」では、一方のコアが必要に応じて全メモリー容量を使用することもできる。「インテル スマート・メモリー・アクセス」の機能では、メモリーのレイテンシーとボトルネックを隠蔽することによって、システム性能の向上を図る。
【関連記事】
Intel、3番目の 65nm プロセス対応半導体量産製造施設が操業開始
デル、第9世代「PowerEdge」シリーズを発表
Intel Mac 用仮想化ソフトウェア『Parallels Desktop』発売
Intel、複合マルチコアシステムを目指す
Intel、モバイル用「無線接続技術の種類が急増」と予測

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites