japan.internet.com
テクノロジー2006年4月6日 13:10

Apple、Intel プロセッサ搭載『Mac』で『Windows』の運用を実現

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20060406/12.html
著者:Ed Sutherland
海外internet.com発の記事
Apple Computer (NASDAQ:AAPL) は5日、Intel 製プロセッサを搭載した『Macintosh』(Mac) に、Microsoft 製 OS『Windows XP』をインストールできるソフトウェア『Boot Camp』のベータ版を公開した。

Boot Camp を用いて Windows XP をインストールした後、『Mac OS X』と Windows XP のどちらで起動するか選択できるようになる。

Apple の CEO (最高経営責任者) Steve Jobs 氏は、Intel プロセッサ搭載『Mac mini』発表の際、Mac 製品ラインの半分が Intel プロセッサに移行したと述べている。Intel プロセッサへの切り換えは今年1月に始まったが、Jobs 氏は年内に全製品が Intel プロセッサ搭載モデルになると見込んでいる。

Windows と Mac OS X のデュアルブート機能は、Apple の次期 OS『Mac OS X 10.5』で正式に実装する予定だ。同社は今回 Boot Camp ベータ版を、期間限定の評価用として公開した。

Apple は、自社 OS と Microsoft 製 OS の両方に対応することにより、Windows ユーザーを納得させることにつながると期待している。

Apple の国際製品マーケティング担当副社長 Philip Schiller 氏は声明の中で、「Boot Camp は、乗り換えを検討している Windows ユーザーにとって、Mac をよりいっそう魅力的なものにすると思う」と述べた。

同氏は、次のようにも述べている。「Windows の販売やサポートを行なう点について、当社には意向も計画もないが、多くの顧客が、Apple の高品質なハードウェア上で Windows を運用することに関心を示していた」

実際、ハッカー (悪い意味ではなく) コミュニティでは、Intel プロセッサ搭載 Mac の登場後、かなり早い時期から非公式の Windows/Mac OS デュアルブート方法について開発が始まり、一定の成果が出ていた。

現在 Microsoft の OS は、市場シェアはもちろん、企業での利用に関しても、Apple を大きく引き離している。コンサルティング会社 Enderle Group の社長兼主席アナリスト Rob Enderle 氏によると、Boot Camp は「Apple が中小企業市場に大きく食い込み、企業向け市場で再度勢いをつける元手になる可能性がある」という。

Enderle 氏は取材に対し、次のように述べた。「これは大規模な市場テストだと思う。大成功すれば、先端技術に重きを置く会社から、在来のパソコンメーカーにより近い会社という具合に、Apple の再定義に繋がる可能性がある」と述べた。

この日株式市場は、Apple 自身が Windows のインストール方法を公開したことについて、ハードウェア販売増に繋がると好感し、同社の株価は、前日終値から10%近く値を上げた。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.