Technology

テクノロジー

Freescale、68K/ColdFire マイクロコントローラの新製品を発表

japan.internet.com編集部
2006年4月5日 / 17:30
 
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは2006年4月5日、幅広い産業制御アプリケーションに対応した2種類の68K/ColdFire マイクロコントローラ製品ファミリ「MCF5222x」/「MCF5223x」を発表した。

ColdFire は、68000ファミリの命令セットを継承する RISC コアで、現在はおもに組み込み向けに提供されている。

新製品のひとつ、MCF5223x ファミリは、Fast Ethernet コントローラ、Ethernet PHY、Flash メモリをシングルチップソリューションとして集積した32ビットマイクロコントローラ。Ethernet ベースネットワーキングとしては業界最小のフォームファクタとなる。また、暗号化アクセラレーションユニットも備える。

MCF5222x ファミリは、USB On-The-Go と Flash メモリを統合した32ビットマイクロコントローラ。2台の USB デバイスがホストインタフェースなしで相互に通信できるため、システム間の通信アプリケーションに適している。

2006年の後半には、Flash 容量を抑えた、よりコスト効果に優れた ColdFire 製品のリリースも予定されている。

また、今回の新製品を含め、全ての ColdFire プロセッサデバイスは、開発ツール セット「CodeWarrior Development Studio」によってサポートされている。

なお、プロセッサのデザインインをサポートするため、Freescale は MCF522xx ファミリ用に包括的な設計および評価プラットフォームを提供している。

現在、デモンストレーションボードである「M52233DEMO」と、CodeWarrior Development Studio for ColdFire Architectures Special Edition の完全なライセンスが付いたフル機能の評価ボード「M52235EVB」は提供中。M5222x ファミリ用の「M52221DEMO」と「M52223EVB」は、今年度後半に提供される予定だ。

また、Freescale では、MCF5223x ファミリで使用するための TCP/IP スタック(InterNiche による「ColdFire TCP/IP Lite」)を無料で提供している。

MCF5223x はサンプル出荷を開始しており、2006年の後半には量産が予定されている。MCF5222x のサンプル出荷は2006年6月に開始される予定で、量産は2006年の後半の予定。10,000個発注時の1個あたりの参考価格は、MCF5222x が5.49ドル(USD)から、MCF5223x が7.99ドル(USD)から。

「M52233DEMO」デモンストレーションボードの参考価格は99ドル(USD)、「M52235EVB」評価ボードの参考価格は299ドル(USD)。
【関連記事】
サムスン初の日本市場向け携帯電話に JBlend 搭載
米国 Yahoo! の VoIP に GIPS の「VoiceEngine Multimedia」が採用
コーウェア、組み込みソフトウェア開発者向け新製品をリリース
フリースケール、PowerQUICC 向けパワーマネジメント IC を拡充
Microsoft、将来に向け新 Web サービスに VoIP を組み込み

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites