Technology

テクノロジー

日本語ドメイン名がもたらすもの

JPRS 宇井隆晴
2005年4月8日 / 16:40
 
 
日本語ドメイン名が何をもたらすか、ということを簡単にご説明するために、視点を2つに単純化しましょう。ひとつはインターネット上でビジネスを展開する企業の視点、そしてもうひとつはインターネット上で情報を発信しようとする個人の視点です。

▼マーケティングの「瞬発力」
インターネットは企業のマーケティング活動を変えつつあります。インターネットは企業にとって商品やサービスをアピールする場であるとともに、お客様を引き付ける場でもあります。情報を送信するだけでなく、お客様の要求に応えることができるのです。

お客様を Web サイトに確実に導くためには何が必要でしょうか。

テレビ CM やさまざまな媒体における広告などで Web へのアクセスを導くことが考えられますが、ここで最も重要なことは、ブランド名や商品・サービスの名前と関連付けて、Web サイトへのアクセス方法を一瞬にして覚えていただくことです。

日本語ドメイン名なら、商品名やブランドに直結した Web アドレス表示により、お客様に両方を一瞬にして覚えていただくことができます。これが日本語ドメイン名がもたらすマーケティングの「瞬発力」なのです。

直接的な訴求が到達しないあいまいなイメージを持つお客様には検索サービス、雑誌などの紙媒体から携帯電話でアクセスしていただくには QR コードなど、メディアごとに適したナビゲーションが存在しますが、日本語ドメイン名はメディアを選ばずにあらゆるシーンで展開できるマーケティング活動の機軸とすることができます。

▼ 名前をドメイン名にする
では、もうひとつの視点、個人による情報発信の場合はどうでしょうか。

個人がインターネット上に自分の Web サイトを持って情報発信を行う、ということは、Blog サービスの出現もあって急速に普及しつつあります。

これにはよいこともありますが、問題を起こす場合も含んでいます。その中のひとつの例は、個人に関する情報が、好意的なものも悪意的なものも氾濫している、というものです。表現の自由はもちろん尊重すべきことですが、誤解に基づくものや古い情報などが放置されてしまうこともあります。

これに対しては、自分の情報を自ら発信する、という手段が考えられます。たとえば、私の個人 Web サイトは前回ご紹介したように「http://宇井隆晴.jp」です。ここでは、私が何者であるか、どのような活動をしているのか、という情報を公開しています。「名は体を現す」とはまさにこのことです。

人名をそのまま Web サイトの URL とする事例は著名人を中心に広がり始めています。匿名ではなく、名前を前面に押し出した情報発信では、人名の日本語ドメイン名が役に立ちます。

参考 Web サイト: http://人名辞典.jp/

▼ そろそろ技術論
次回からはその仕組みや運用方法など、技術的な部分についてご説明していきます。

ところで、4月9日の早朝、皆既日食と金環日食の両方が見えるハイブリッド日食があることをご存知ですか?残念ながら日本では見えないのですが、この模様をインターネット中継で見ることができます。このサイトも日本語ドメイン名でアクセスできます。

◇LIVE!ECLIPSE 2005
http://日食中継.jp/

記事提供:
【関連記事】
JPRS、「ハイブリッド日食プロジェクト」に日本語 JP ドメイン名
ライブ!ユニバース、金環・皆既日食を日本語 JP ドメインでネット中継
日本語ドメイン名を使ってみよう
汎用 JP ドメイン名登録数、属性型・地域型 JP ドメイン名を逆転
OSG-JP、CDDL などオープンソースライセンス日本語参考訳が公開

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites