Technology

テクノロジー

NTT 西、企業・自治体向けBフレッツを使った TV 会議システムを

japan.internet.com 編集部
2004年9月7日 / 00:00
 
NTT 西日本は2004年9月7日、企業や自治体向けにBフレッツなどのブロードバンド回線を利用した「TV 会議パッケージ」を9月9日より提供開始する、と発表した。

TV 会議パッケージは、Bフレッツなどのブロードバンド回線、ソフトウェアや機器の提供から、設計、工事、保守まで全てをパッケージ化したもの。

TV 会議パッケージには、PC タイプと ASP タイプの2種類がある。

PC タイプは、企業や自治体のセンターに TV 会議用サーバーを設置し、現在使用しているクライアント PC に専用ソフトウェアをインストールしてシステムを構築する。同時に最大100クライアントのアクセスが可能なため、多数拠点を結んだ TV 会議を実現する。

ASP タイプは、ネットワーク側で TV 会議サービスを提供する。西日本エリアにおいて、NTT スマートコネクトが提供している TV 会議サービス「WarpVision」を利用し、TV 画像並みの映像コミュニケーションを実現する。同時に最大5クライアントのアクセスが可能で、NTT 東西が提供するBフレッツエリア内ならどこでも利用できる。

初期費用は、PC タイプの場合65万円から。APS タイプの場合は1端末あたり6万円から。PC タイプ、ASP タイプともに月額費用として各拠点の回線使用料がかかる。なお、ASP タイプのみ初期費用および月額費用に、ASP サービスの利用料(基本料1ID につき1万5,750円)などが別途かかる(すべて総額)。
【関連記事】
NTT 西とトレンドマイクロが協業、企業向けセキュリティサービスを開発
NTT 東西、フレッツユーザー向け IP 電話対応機器の新ファームウェアを
NTT 東西、タッチパネルで操作するIPテレビ電話端末を9月に発売
NTT 西、一部フレッツ・ADSL ユーザーに誤請求
NTT 西日本、無線ICタグを使った図書館システムの実証実験を開始

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites