japan.internet.com
テクノロジー2004年6月24日 00:00

三井物産、eメールアドレスを鍵とする簡易な暗号化製品を発売

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20040624/2.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
三井物産株式会社は2004年6月23日より、米国 Voltage Security 社の暗号化製品「Voltage SecureMail Ver.1.3.5」の日本語版の販売を開始した。

Voltage SecureMail は、電子メールアドレスを公開鍵として使うことにより、従来の暗号化技術よりも、容易かつ低コストで電子メールやファイルの暗号通信ができるというもの。

従来のメール暗号化製品で必要だった、電子証明書や失効リストの管理、各クライアントに対する個別設定などが不要なため、システム構築コストを軽減することができる。

また、電子メールソフトと簡単に統合できるほか、簡易なシステムであるためユーザーに対するサポートや教育も最小限ですむという利点がある。

Voltage Secure Policy Suite サーバー、250ユーザークライアントライセンスを含むスターターパッケージで480万円。

また、暗号メール ASP サービスの販売を、7月12日より開始する。1人あたり月額800円で、最小15ユーザーから契約できる。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.