japan.internet.com
テクノロジー2003年10月24日 00:00

NTT Com など4社、SCM で RFID を活用する実証実験を開始

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20031024/5.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
NTT コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)、凸版印刷株式会社(凸版印刷)、株式会社三井物産戦略研究所(三井物産)、およびサン・マイクロシステムズ株式会社(サン)の4社は、オートIDセンター Japan の協力のもと、複数の企業間でのサプライチェーンマネージメント(SCM)に「ネットワーク利用型 RFID システム」を適用させた実証実験を2003年11月上旬より開始する。

同システムは、RFID タグで個体識別されたパレット・商品の位置情報や伝票・商品情報などを複数のデータベースで分散管理し、ネットワーク上のサーバーによって連携させるためのもの。オートIDセンターの標準に準拠させ NTT Com が開発した。

また、各情報へのアクセス時には個々の情報ごとに認証を行い、かつ暗号通信を用いることでセキュリティを高めた。IPv4 のみならず IPv6 での通信にも対応している。

実証実験では4社でサプライチェーンシステムを構築し、ネットワークを利用する場合のセキュリティの検証、ネットワーク利用時の最適な機能構成ならびにサービスアーキテクチャの検証、サプライチェーンで利用する場合の RFID と伝票・商品情報など関連情報の最適配置アーキテクチャの検討を行う。

実験は2004年3月まで。その結果を踏まえ事業展開や標準活動を行う。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.