Technology

テクノロジー

日立と松下、家庭内ネットワーク機器相互接続のための仕様を策定

japan.internet.com 編集部
2003年10月21日 / 00:00
 
株式会社日立製作所松下電器産業株式会社は、IPv6 を異なるメーカーの家庭内ネットワーク機器間でも利用するための仕様を策定するとともに、新たな IPv6 アーキテクチャを開発した、と発表した。

これらの技術は、両社が2001年5月に合意した、情報サービス分野や白物家電分野などの広範な提携に基づいて推進してきた共同開発の成果の一つ。

相互接続仕様の策定については、IPv6 のオプションであるパケットサイズの調整、暗号・認証アルゴリズムの種類等を策定した。これにより、この仕様に基づいた家庭内ネットワーク機器であれば、異なるメーカー間であっても相互接続が可能になる。

開発したアーキテクチャでは、IPv6 処理を、CPU によるソフトウェア処理とコプロセッサによるハードウェア処理とに最適に分割するようにした。これにより全てをソフトウェアで処理した場合に比べて10倍以上の高速化が可能になるという。コプロセッサは、CPU を補完する補助プロセッサ。

今後両社は開発結果をネットワーク機器に適用していく。
【関連記事】
NTT コムウェア、NEXIPT に日立の PHS リモートサーバーを採用
日立など、著作権処理を施した映像コンテンツを図書館に配信するサービス
Windows XP 最新版搭載メディア PC を日立などパートナー8社が発売
日立、三共の情報システムアウトソースで共同プロジェクトを開始
IPセントレックスサービスで構内 PHS システムが構築できるサーバー

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites