Technology

テクノロジー

ACCESS、地上デジタル放送と HTML 両方に対応したブラウザを発表

japan.internet.com 編集部
2003年8月19日 / 00:00
 
株式会社 ACCESS は2003年8月19日、地上デジタル放送のデータ放送に対応したデジタルテレビ用ブラウザ「NetFront v3.0 DTV Profile」をリリースした、と発表した。

NetFront v3.0 DTV Profile は、社団法人電波産業会(ARIB)で策定しているBS、CSおよび地上デジタル放送などのデータ放送規格 BML(Broadcast Markup Language)に対応したブラウザ。

情報家電向けブラウザソフト「NetFront」の設計思想を継承し、さまざまなプラットフォームに容易に組み込むことができる。同社によると、すでに地上デジタル放送に対応した国内数社の製品に採用される予定とのこと。

また、HTML コンテンツのブラウジング機能についても NetFront v3.0 DTV Profile Advanced Edition にて対応している。Advanced Edition ではデジタルテレビ向けに最適化されたユーザーインターフェースも提供するほか、Macromedia Flash や RealNetworks Helix DNA Client などを実装できる。
【関連記事】
ACCESS とメディアシーク、欧州向けコンテンツ配信事業で提携
日本 IBM、Linux 版 Domino を発表
ACCESS、NTTドコモ「505iシリーズ」にブラウザと赤外線通信ソフトを提供
J-COM Broadband、2004年に地上デジタル放送サービスを
ACCESS、Linux 版の「NetFront ブラウザ」SDK を発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites